本文へスキップ

格差のない平和な社会を目指して!

TEL. 082-942-2768

〒730-0803 広島市中区広瀬北町3-11(和光広瀬ビル2階)

格差のない平和な社会を目指して

ようこそ、社民党広島県連合のホームページへ

TOPICS



 沖縄の民意に従え!
  辺野古基地建設は断念を!
   『3の日』行動を展開<広島>
 (2019/03/03)

 3月3日(日)午後1時から本通り電停前(広島市内)で『3の日』行動を展開しました。
 あいにくの小雨がパラつく中ではありましたが、最初に若者による歌と演奏に続き、街頭での訴えと署名行動が行われました。
 ただし、署名行動は用紙が濡れるため主にビラ配布を中心に行動しました。
 参加者は40名(主催:ヒロシマ総がかり行動実行委員会)

        道行く人に訴える檀上社民党広島県連合代表(中央)

            横断幕で辺野古新基地建設断念を訴える

          雨の中での署名活動

     【配布したビラ】




 お知らせ

  2019年 国際女性デー広島県集会  (2019/03/03)

 女性の自立と平和を追及する集会を開催します。
 皆さん、ぜひお集まりください!

  と き:3月3日(日) 14:00~16:00
  ところ:ホテルチューリッヒ東方2001 4階エーデルワイス
       広島市東区光町2丁目7-31
  講 演:安倍政権を斬る -記者の目を通して-
  講 師:望月 衣塑子さん(東京新聞社会部記者)
  参加料:無料
  主 催:2019年国際女性デー広島県実行委員会
  問合先:あい女性会議広島県本部(TEL=080-1913-3557)佐藤





 沖縄県民投票結果

  民意は7割超が辺野古移設反対!  (2019/02/24)

 米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の名護市辺野古への移設を巡り、埋め立ての賛否を問う県民投票が24日に投開票されました。
 回答方法を3択とし、「反対」が43万4273票で投票総数の71.74%を占め、「賛成」や「どちらでもない」を大きく上回って多数となりました。
 投票率は52・48%。
 反対票は昨年9月の知事選で玉城知事が獲得した過去最多の39万6632票を超え、埋め立て工事を強行する政府に対しての強烈な返答でもあります。


             速報の新聞(沖縄タイムス)



                                      2019年02月24日

 辺野古米軍基地建設のための埋立ての賛否を問う
              県民投票の結果について(談話)

                                  社会民主党幹事長 吉川はじめ

1.本日、辺野古米軍基地建設のための埋立ての賛否を問う県民投票が行われ、移設に「反対」する票が、首相と米国大統領への通知を義務付けた全投票資格者数の4分の1を超えた。沖縄県民は、これまでも国政選挙や県知事選などで新基地建設反対の意思を示してきたが、安倍政権は、民意を無視して辺野古の海への土砂投入を強行し、県民に説明もしてこなかった。今回、移設の賛否だけを直接問う県民投票で、沖縄県民が辺野古移設に反対する明確な意思を示したことはきわめて重い。もう、言い逃れは通じない。辺野古新基地建設を強行してきた日米両政府は、県民の意思を尊重し、新基地建設の強行をただちにやめ、移設計画を断念すべきである。
2.「沖縄の基地負担軽減」と言いながら、これまで何度も県民にうそや詭弁を重ね、既成事実化を図ってきた安倍政権は、沖縄県と真摯に向き合い話し合いを開始すべきである。
3.沖縄の戦後史は、人権と民主主義、自己決定権を求めてきた歴史である。今回の県民投票を実現した経緯も全県実施を巡る様々な動きも、民主主義実現の実践だった。決してあきらめないという県民の皆さんの強い思いが、今回の結果を安倍政権に突きつけたと考える。
4.今回の投票結果は、沖縄県民はもとより、本土の日本国民に対しても、大きな問題を提起している。多くの国民が、沖縄県民の意思を理解し、わがこととして共感することが望まれる。
5.この春には、衆議院沖縄3区の補欠選挙が行われ、7月には参議院選挙が行われる。今回の投票結果に表れた新基地建設反対の圧倒的民意とともに、反安倍政権の声を強めていく。

                                        以上




 お知らせ

 「沖縄を考えるつどい」を三原市で開催!   (2019/02/17)

 沖縄普天間基地からの辺野古移設反対運動、高江ヘリパット建設反対運動のリーダーとして反戦平和運動に奔走されている山城博治さん(沖縄平和運動センター議長)が、「戦争をさせない三原市民集会・沖縄を考えるつどい」に講演のため三原市に来られます。

 この機会にマスコミなどではなかなか語られていない沖縄の現状を是非参加して掴んでください


 「戦争をさせない三原市民集会・沖縄を考えるつどい」
  ~山城博治さんが語る沖縄の現状と課題~
  と き:2月17日(日)14時~
  ところ:三原市民福祉会館 5階大会議室
        広島県三原市城町1丁目18ー1 TEL:0848-63-4077
  資料代:500円
  主 催:戦争をさせない三原市民行動/NPO法人ひかり
  連絡先:0848-64-4600(三原地区労働センター)





 お知らせ

 改憲を許さない!
 「憲法を考えるつどい in 広島」
  (2019/02/09)

  と き:2019年2月9日(土) 13時30分~16時
  ところ:広島弁護士会館(広島市中区上八丁堀2-73)
  資料代 ¥500





 <事務所移転のお知らせ>

 社民党広島県連合事務所を移転しました   (2019/02/05)

 社民党広島県連合は、2月5日に事務所を移転いたしました。
 これまでの旧事務所(広島市中区鉄砲町)開設期間中には、長期間に渡り温かいご支援、ご協力を賜り感謝いたします。これからも引き続きよろしくお願いいたします
 この20年間は、安倍首相の掲げる「美しい日本」への政策推進の中で、日本経済は停滞が続き、国民生活における貧困の拡大・深化が進んでいます。年金の切り下げ、医療費の高騰の中で、年収200万円以下の層が増大し、夫婦共働きしても尚、生活が維持できないという実態が増えています。
 少子高齢化問題もこうした実態に起因しているといっても過言ではありません。そんな中でも社会福祉の予算は削っても、軍事費にかける予算は聖域がなく年々増加の一途です。
 社民党は、これまでも勤労者・お年寄り・子どもたちなど生活者の立場にたって運動を進めてきました。
 事務所の移転にあたり、改めて、賃金引上げの闘い、軍事社会でなく安心できる社会保障充実化、憲法を暮らしに活かす社会を目指して、4月統一地方選挙、参議院選挙勝利に向けて先頭に立って闘う決意です。
 新事務所を以下のとおり開設しています。これまで同様、気軽にお越しいただきますようご案内申し上げます。

 社民党広島県連合新事務所はここです。

  住 所: 〒730-0803
        広島市中区広瀬北町3-11(和光広瀬ビル2階)
         TEL: 082-942-2768
         FAX: 082-942-2026




     このビルの2階です








NEWS新着情報

2019年02月05日
社民党広島県連合事務所を移転しました。
2016年12月31日
声明・談話のページを新設しました。
2016年01月01日
アクセスカウンターを設置しました。
2014年10月01日
社民党広島県連合 ホームページを全面リニューアルしました。
2012年09月12日
社民党広島県連合 ホームページを部分リニューアルしました。


バナースペース

社民党広島県連合

〒730-0803
広島市中区広瀬北町3-11
 (和光広瀬ビル2階)

TEL 082-942-2768
FAX 082-942-2026


アクセスカウンター
since 2016/01/01



 

 

 


当面の予定