本文へスキップ

格差のない平和な社会を目指して!

TEL. 082-221-2768

〒730-0017 広島市中区鉄砲町4-7-202

格差のない平和な社会を目指して

ようこそ、社民党広島県連合のホームページへ

TOPICS



 5・3ヒロシマ憲法集会 (2017/05/03)

  
施行70年 いいね!日本国憲法 平和と いのちと 人権を!

 集団的自衛権容認、戦争法、PKO「派遣」秘密保護法、盗聴法、そして「共謀罪」。日本を「戦争する国」に作りかえようとする安倍暴走政治。
 しかし日本の憲法は、戦争放棄とはっきり書き、自由と民主主義、国民の権利を守ると宣言しています。施行から70年たった今も、日本国憲法は私たちの大切な宝物。
 平和といのちと人権を!5月3日の「憲法記念日」。憲法を、守り、いかす ヒロシマの心を込めた 憲法集会です。

 日時:2017年5月3日(水・祝) 午後13時〜14時30分
 会場:ハノーバー庭園
 内容:《歌のアピール》13:05〜
      「1本の鉛筆」:二階堂 和美さん(歌手、浄土真宗本願寺派僧侶)
    《記念講演》13:20〜
      「市民と野党共闘で 安倍政権をとめる!」:清水 雅彦さん(日体大教授、戦争させない1000人委員会)




 私たちの憲法を守るため、
   あなたも5月3日の『新聞広告』で訴えませんか!
  (2017/05/03)



 5月3日、朝日新聞朝刊に掲載されます。
 賛同者の方は払込取扱票で一口1,000円で申し込みしてください。
 締め切りは4月24日です。

 問い合わせ:082-2214-2768(憲法を守る広島県民会議)まで




  共謀罪法案を廃案に!  (2017/04/20)

 4月20日(木) 朝7時30分からそごう前(広島市内)で「共謀罪に反対する」ビラ配布行動を行いました。


   市民に訴える金子哲夫社民党広島県連合顧問

 2017年3月21日(火)に、過去に3回廃案となった、いわゆる「共謀罪法案」が閣議決定され国会に提出されました。その後、4月6日午後の衆院本会議で審議入りし、政府・与党は連休明けの成立を目指しています。

 政府は、この法案を「テロ等準備罪」を処罰するもので、安倍首相は、これがなければ2020年東京オリンピックが安全に開催できない危惧があるという旨を発言しています。
 しかし2013年五輪招致の際にも一切触れられていないばかりか、「国連からの要請がある」とした理由も欺瞞であることが明らかになりました。こうした動きに対し全国から怒りの反対表明が出されています。
 衆院での数の力を頼りに暴走する安倍政権を止めなければなりません!
 全国各地で廃案のための署名・街頭行動が繰り広げられています。
 是非!あなたもその声に加わってください!







 ≪4月の19日行動≫ 府中市リレートーク  (2017/04/19)

 今月も「19日の日 リレートーク」を行いました。


   府中市上下町Aコープ前では8人が市民に訴え


     天満屋府中店前は10人が行動に参加




  恵下埋立地のダイオキシン類撤去・処理に係る要望書提出  (2017/04/13)

 広島市が平成32年供用開始を目指して建設を進めている一般廃棄物処理場の恵下埋立地で高濃度のダイオキシン類が発見された問題で、4月1日に社民党広島市連協で恵下現地視察を行い、4月13日、「恵下地区におけるダイオキシン類の撤去・処理に係る要望書」を広島市へ手渡しました。
 この間の広島市の対応は、現地住民の不安・危惧を解消するものにはなっておらず、早急に対策協議会を設置し、会議の公開と住民の意見も反映される場を作るよう要請しました。


 橋國恵下埋立地整備担当部長に要望書を手渡す山内議員

 提出した要望書はこちら




  恵下埋立地ダイオキシン汚染現地を調査! (2017/04/01)

   (社民党広島市連協)

 広島市が平成32年度供用開始を目指して工事を進めている恵下埋立処分場予定地から、高濃度のダイオキシン類を含む廃タイヤの燃え殻が発覚した事を受け社民党として4月1日に現地調査を行いました。

 
調査前に地元の党員から現状説明を受ける

 
工事現場

 
刈り取られた山肌

 
横壁補強工事
地盤が弱いのか左側のみ穴をあけて補強?
 
ダイオキシン発見現場に向かう道路横に
投げ捨てられている廃タイヤの山
 
ブルーシートがかけられている下に
廃タイヤの燃え殻(ダイオキシン)がある
 
ブルーシートの奥側左右に廃タイヤが散在

 
廃タイヤは安全としてシートはかけていない

 
谷川の流れを迂回させるポリ管から
大量の水が流れ出ている
 
水質検査用の管

 
市の工事担当者から説明を受ける

 
市の説明と現地の状況を確認する
山内議員(中央)


 <ダイオキシン類を含む廃タイヤの燃え殻の処理について>
 広島市は以下のようにすると説明
  ・掘削し、袋詰めして工事区域内に一時保管所を設置しテント(底面はアスファルト)で覆う。
  ・他市の中間処理施設で無害化処理するために移動する間の一年間を設置期間予定
  ・埋め立て判定基準内(3ng-TEQ/g以下)のものは、広島県の出島処分場へ運搬し埋立処分する

  資料【詳細調査(10m毎のサンプリング調査)によるダイオキシン類の分析結果について】
  資料【恵下埋立地建設現場におけるダイオキシン類を含む燃え殻の処理について】

 また、広島県は出島処分場のゴミ埋立てが予定より進んでないため利用促進を依頼しており、地元住民からの「恵下埋立地本体の安全性、浸出水放流管の方式やルート、ゴミ運搬ルートの安全対策など、住民の意見や説明に十分に期間を設ける間、広島県の出島処分場を利用できないか」との意見に対し、市側は「県の施設を使用する考えは無い」と答えていました。


 ≪広島市3月議会で山内正晃議員が追求≫

 広島市は、廃タイヤの存在やタイヤが燃えたのを知っていながら、調査をせず土地を買収したこと。また、4人の地権者から700万円で土地を購入し、6億円を掛けて処理するという市の責任を追及しました。
 そして、一連の問題点を公表するため第三者委員会の設置を要望しました。


 ≪現地調査後に新たな問題が・・・≫

 恵下の廃タイヤ火災等について、広島市議会での質問に対して、広島市は「土地買収に先立つ、現地環境調査等でも、廃タイヤ火災の場所の特定は出来なかった」と答弁していましたが、当時(昭和60年11月7日15時20分ころ火災発生)の小火災等の火災調査報告書が見つかりました。
 また、地元住民の方からの情報開示請求により、平成22年に広島市が実施した現地の地質調査の報告書には、「T民間業者」のボーリング調査報告として廃タイヤの燃え殻等の存在がはっきりと記載されています。
 そうであれば、「昨年8月には埋め立て施工業者が発見していたにも関わらず、住民側に説明が遅れ、今年の1月の中国新聞報道で知らされた事など、住民側の不安・不信の声が出ている事に対する、これまでの市側の説明では無理がでてくる事になります。
 まずは「工事ありき」が優先し、問題点を広島市の内部だけで処理するのではなく、第三者委員会を設置し情報公開のもと安全な対策・措置を要求していく必要があります。










NEWS新着情報

2016年12月31日
声明・談話のページを新設しました。
2016年01月01日
アクセスカウンターを設置しました。
2014年10月01日
社民党広島県連合 ホームページを全面リニューアルしました。
2012年09月12日
社民党広島県連合 ホームページを部分リニューアルしました。


バナースペース

社民党広島県連合

〒730-0017
広島市中区鉄砲町4-7-202

TEL 082-221-2768
FAX 082-223-2027


アクセスカウンター
since 2016/01/01



 

 

 


当面の予定



■「チェルノブイリデー」
     慰霊碑前座り込み
 と き:4月26日(水)
      12時15分~
 ところ:平和公園慰霊碑前

■第88回広島県中央メーデー
 と き:4月29日(土・祝)
       10時~
 ところ:広島中央公園

■5・3ヒロシマ憲法集会
 と き:5月3日(水・祝)
      13時~14時30分
 ところ:ハノーバー庭園

■沖縄平和行進
 と き:5月11日~15日