本文へスキップ

格差のない平和な社会を目指して!

TEL. 082-221-2768

〒730-0017 広島市中区鉄砲町4-7-202

格差のない平和な社会を目指して

ようこそ、社民党広島県連合のホームページへ

TOPICS



 【お知らせ】
  岩国爆音訴訟控訴審 第5回口頭弁論
  (2018/05/18)

 2018年3月2日、広島高等裁判所において第4回口頭弁論が行われました。
 75W値地域の原告から、沖合移設後も爆音被害が軽減していないこと、さらには空母艦載機部隊の移駐により、日夜すさまじい爆音にさらされている実態が意見陳述されました。
 下記の通り、第5回口頭弁論が行われます。原告本人尋間が予定されています。5名の原告が、爆音被害の実態について裁判所に訴えます。多くの方が、裁判所に駆けつけてくださり、傍聴席を埋め尽くことが、裁判所に厳正な判断を求める大きな力になります。
 今回は、午前10時から午後4時半までという長丁場になりますが、岩国基地周辺住民が日々曝されている爆音被害が我慢の限界を超えた違法なものであることを裁判所に伝えるためにも、ぜひ、万障繰り合わせの上、ご参加くださいますよう、お願いいたします。
 日頭弁論終了後、報告集会を行います。

 岩国爆音訴訟 控訴審第5回口頭弁論 報告集会
  日時:2018年5月18日(金)口頭弁論終了後
  場所:広島弁護士会館3階ホール






  5・3ヒロシマ憲法集会 2018    (2018/05/03)

    平和といのちと人権を! ハノーバー庭園に1800人集う

 5月3日(木)13:00から、ハノーバー庭園(広島市中区)で『平和といのちと人権を!』をスローガンに「5.3ヒロシマ憲法集会2018 9条改憲NO!」が開かれました。

 開始時間には、前日の雨がうそのように日射しが強く汗ばむくらいの陽気でしたが、1800人が参加し集会に臨みました。
 佐古正明さん(広島平和運動センター議長)は開会挨拶で「平和憲法が今、危機を迎えている中、安倍政権の改憲策動を何としても阻止しよう!」と発言しました。

 続いて、田村順玄さん(岩国市議会議員)が「膨張する岩国基地の実態」の特別報告がありました。

 「岩国基地が極東最大の軍事戦略基地としての位置付けがされ、益々巨大化されています。新しい軍事訓練が次々と計画され、今日(5/3)からは、ロナルドレーガン空母への着艦訓練が開始されました。先日はスーパーホーネットが空中給油訓練を行い、不具合が起こり飛行機の給油口へホースが着いたまま基地へ帰着しました。
 今後もこうした危機状況が増えていく事は必至です。F35B戦闘機からF35C戦闘機が新たに配備されようとしていますし、事故が多く問題視されているオスプレイも順次切り替えて増えていく方向にあります。
 現在の市長は、一転して国からの基地の拡充を認める代りに(元、井原市長が厚木からの艦載機移転反対を表明したとたんに国は補助金49億円のうち35億円を突然カットすると通告してきたのに)補助金交付が再開されましたが、地域の活性化に繋がるという謳い文句の陰では住民・近隣市などが抱える危険度はかなり増しています。
 愛宕山開発に至っては、広大な土地に米軍基地関連施設の充実化が図られ、住居や生活関連施設が建設されました。そして、住民への施設の貸出しを可能にしました。建設された野球場では、プロ野球の2軍戦の試合もあり多くの人が集まりました。
 「岩国基地開放デー」には、全国から20万人を超える人たちが集まり、色々な企画を体験し楽しんでいる状況があります。如何にも「開かれた基地」をアピールしているようですが、私(田村市議)が一緒に参加しようとすると拒否されます。解放デーなのに私が基地内に入る事は許さないのです。意見を持つ者には態度を急変させ本性を現わしてきます。こうした軍事的・政治的な事はオブラートに包んで、飲み込ませようとする政府のやり方に憤りを覚えます。
 「岩国は実際には近いのですが、実情は遠い市」であるような感じがします。どうか、岩国基地の実情をしっかりつかんで頂いて、そして多くの人に話してください。私自身も地元や各地域で実態を発信していきます。一緒に頑張りましょう!」と力強く訴えられました。

 そして記念講演として「沖縄から伝えたいこと」と題して、仲村未央さん(沖縄県議会議員)から講演を頂きました。

 以下要点を掲載します。
 未央さんの大叔母である「スエ」さんが「ひめゆりの学徒」として亡くなられた話しから始められました。
 「スエが亡くなる最後の話を同窓生から聞いて愕然としました。組織的戦闘が終わった1945年6月23日から、1ヶ月も過ぎた7月21日まで本島最南端にいたという事でした。その頃、住民らはすでに収容所生活を始めていた頃なのに、何故1ヶ月も過ぎて死ななければならなかったのかという疑問が生じました。
 後に姉である「フエ」が80歳を過ぎてその疑問について話してくれました。「私たちのせいだ。私たち教師がどんな事があっても捕まっては駄目だと教えてきた。捕虜になって辱めを受けるより『死』を選びなさい」と教えたせいだと・・・。
 この話を聞いて、多くの少女たちは情報も知らされず、食べ物が無くなっても投降する『恥』を選択する余地もなく「国家のために」は幾度も聞いたが、『生きる』という事が尊いと誰からも教わらなかったんです。『死』を迎えるしか選択が無かったと思うととても無念です!
 沖縄にある米軍基地はその殆どが民有地です、それを銃剣とブルドーザーで奪ってきました。返還運動が起こっても、政府・国家が目の前に立ちはだかります。
 そして「日米地位協定」がそれに追い打ちをかけています。普天間、嘉手納の9割近くが民有地です。戦後70年が過ぎても未だに自分の土地が戻らない事こそ異常な事態です。
 日本政府の責任に於いて『沖縄戦の実相』を過去に一度も調査していないという事を御存じですか?
 国が1947年から2年かけて行った『一般戦災被災調査』は北海道から鹿児島までが対象であり、復帰前も復帰後も『沖縄戦』は除外されたままなのです。
 戦争による住民の犠牲は、広島は県民13名に1名、長崎は22名に1名、東京は33名に1名の割合と細かく出されていますが、軍民一体化の地上戦で4名に1名が犠牲となったと沖縄戦については全く触れられていません。
 沖縄が本土復帰した1972年から5年後に行われた『全国戦災史実調査報告書」は2009年まで続けられましたが、報告書の冒頭にあるように「46都道府県における・・・」とあるように沖縄県は対象外になっています。なぜ全国は47都道府県ではないのでしょうか?
 政府の公式見解は「当時の行政文書が残ってないことから不明である」という一点張りです。調査する気になればいくらでも証言や記録など事実に近づける資料はあります。沖縄戦を触れさせると困ることがあるのでしょうか?
 沖縄戦最後の激戦地となった糸満市摩文仁に『平和の礎』があります。これは大田昌秀元沖縄県知事によって建立されました。この石碑には名前までは解らなくても集落の隣人らの証言などから<○○さんの二男>、<逃げ込んだ壕の中で産声をあげ命名を待たずして断たれた赤子>など『生きた証』として、また敵兵として上陸した者など国籍を問わず、軍人・民間人を問わず失われた『生きた証』が等しく並んで刻銘されています。その数は24万1468柱(2017年)です。
 住民を巻き込んだ地上戦は筆舌に尽くしがたいほどの犠牲を生みます。住民を盾にした持久戦ほど醜いものはありません。乳飲み子が泣けば母親に口を塞がせ、子供たちに手榴弾を持たせ自決を迫らせたりしました。
 また学童疎開船が米軍の魚雷で沈没し、814名の学童を含む1462名が犠牲となった『対馬丸』の被害実態などなど、太平洋戦争を語る上で『沖縄戦』の実相を国民が共有する事は欠かせないはずです。政府からすれば、次へ備える為には不都合であり支障になるのでしょうか?
 こうした事を考えると今の憲法の中でさえ、政府の姿勢は沖縄県民としては民主主義国家とは思えません。だからといって憲法を変える事にはなりません。この憲法にある理念・理想は決して曲げてはならないと思います。それが一番わかるのも沖縄県民だからです」
と話されました。
 屋外での汗ばむくらいの日射しでしたが、参加者は仲村さんからの報告を静かに真剣に聞き入っていました。

 講演後に「5.3ヒロシマ憲法集会アピール」を採択し、参加者1800人が一斉にアピール行動を行いました。

 閉会後は14:45からAコース(商工会議所~中央郵便局)、Bコース(商工会議所~銀山町)の2コースに分かれて市内デモ行進を行いました。

 集会アピール




 【お知らせ】
  5・3ヒロシマ憲法集会
       (2018/05/03)

    9条改憲NO! 平和といのちと人権を!

  と き:5月3日(木・祝日) 13:00~14:00  デモ=14:45~16:00
  ところ:ハノーバ庭園(旧市民球場の北側)


 



  広島県中央メーデーに7100人が参加! (2018/04/28)

 4月28日(土)10時から中央メーデー(連合広島主催)が中央公園(広島市中区)で開催されました。
 産業別労組36団体から家族も含め7100が参加し、メーデーを盛り上げました。

 開会宣言のあと参加者全員による黙祷があり、主催者あいさつのあと、来賓として行政・福祉事業団体・政党・連合広島推薦議員が紹介されました。

    来賓紹介を受ける山内広島市議会議員

 社民党からは檀上正光代表が演壇に立ち「選挙での御支援に対してのお礼と、危険な道をひた走る安倍政権と決別し、政府の進めようとしている経営理論からの「働き方」でなく、一人ひとりの労働者のための「働きかた改革」を徹底的に求めていくことを訴えました。

  連帯のあいさつをする檀上社民党広島県連合代表





  チェルノブイリデー 慰霊碑前で座込み (2018/04/26)

 4月26日、旧ソ連のチェルノブイリでの原発事故の発生から32年が経ちます。
 今年も、広島県原水禁・広島県平和運動センターの呼びかけで、平和公園内の慰霊碑前で「脱原発・核兵器廃絶」を掲げ12時15分から30分間の70名が座込みを行いました。
 




  <府中市>19日行動(まちかどツアー)展開 (2018/04/19)

 4月19日(木)府中市で「19日行動」(安保法制に反対する府中市民の会主催)が行われました。
 コースは恒例の①15:00~上下Aコープ前(参加者5人)②16:30~府中天満屋店前(参加者12人)

 今回の特徴は、車の中から手を振って応えてくれる人が多かったことです。
 現在の安倍政権に対して怒りを感じている人が増えている現れではないでしょうか。
 森友・加計学園だけでなく、国会で紛糾して強行採決されたいわくつき「戦争法」が、論争となる資料だったはずの自衛隊の「日報」(これまで処分したと答弁してきた)が、今になって明るみになった事、自衛隊員が野党国会議員に対し「国民の敵」と罵った事が判明するなど、まさに「いつか来た道・戦争への道」だと訴えました。




  第2回「みずほ塾in広島」に60名が参加! (2018/04/14)

 4月14日、13時30分から「リム・ふくやま」(福山市)で第2回「みずほ塾in広島」が開催されました。

 第2回の講師は木原省治さん(原発はごめんだヒロシマ市民の会・代表)を招いて『エネルギー問題』について講演がありました。

 原発ゼロへの取り組みは何をするか。2014年の【エネルギー基本計画】が原発の今後を大きく左右させるので、まずそれに「原発の新増設は無しと明言させること!」 が大切だと強く訴えられました。

 続いて、福島みずほ(参議員)さんから国会情勢の報告がありました。

 森友・加計学園問題については行政がゆがめられ、大量の税金が使われ私物化されている。
 安倍政治は 国民の生活に関心がなく国民に愛がない!
 そして、数を力にメディア・教育への露骨な支配介入をしている。権力を持っているから何をやってもいいというわけではない。
 表現の自由は政府ではなく国民にあるのだ。
 民主主義は私たちの中にあるのだ。
 嘘はもうたくさん!
 たくさんの人と違う未来を作っていきたい。
 国会の中でも多数派にして声をあげたい!。
 今こそ民主主義が日本にあるか問われている時はない!と、強い呼びかけがありました。




 広島 3の日行動 (2018/04/03)

 「安倍改憲を許さない街頭署名」(3の日行動)を広島市中心部で展開しました。

 4月3日17時30分から1時間、(広島市本通りの叶や前にて「安倍改憲を許さない街頭署名」を参加者52人で取組み、85筆の署名が集まりました。

 御協力いただいた市民のみなさん!ありがとうございました。

 ※毎月3日に本通り商店街入り口・八丁堀交差点福屋前の2か所を順に取組んでいます。




 玄海原発3号機の再稼働反対!
         抗議の座り込み!
 (2018/03/23)


 3月23日18時から慰霊碑前で「玄海原発3号機の再稼働」への抗議の座り込みが取組まれました。参加者は45人。

 九州電力は多くの市民の反対・不安の声を無視し、23日、玄海原発3号機(佐賀県玄海町)の原子炉を起動し再稼働しました。

 2010年12月に定期検査で運転停止して以来。約7年3カ月ぶりの稼働となり、東京電力福島第1原発事故後の新規制基準での再稼働は全国で7基目で、九州電力としては川内(せんだい)原発1、2号機(鹿児島県薩摩川内市)に続き3基目です。
 また、4号機についても今年5月に再稼働への準備が進められています。
 地元住民が出した「玄海原発再稼働差し止めを求めた仮処分申し立て」に対して「新安全基準に合格している」として却下されました。
 福島の原発事故が未だに収拾出来ない現実にある中、地元や近隣の自治体の同意手続きの在り方や避難計画など、多くの課題も積み残されたままの再稼働に抗議の声が上がっています。

※7年3か月ぶりに再稼働され、安全に対し最大限の注意を払って再稼働されたばかりの3号機で「蒸気漏れ事故」が発見され発送電が緊急停止しました。
九州電力は放射性物質を含まない水が循環する2次系配管で発生した蒸気漏れを受けた発送電停止から18日後の4月18日に発送電を開始しています。




 府中 3月19日リレートークの訴え (2018/03/19)


 現在、新聞やテレビで森友学園に関する改ざん問題が報道され、今日は国会で集中審議が行われています。
 事件は「安倍首相の妻が名誉校長していた小学校の校舎建設の中で、学校敷地を国に約8億円値引きさせた問題です。その値引きの経過が書かれた公文書が、佐川局長の国会答弁に合わせて改ざんされた」というものです。決裁されている公文書が改ざんされるという大変な事態です。
 しかし、事実は、安倍首相の「8億円の値引きに、自分や妻は一切知らない。もし事実なら首相も国会議員もやめます」という発言が根っこにあります。
 言いかえるなら安倍首相の権力によって公文書が改ざんされたということになります。
 安倍首相の権力によって、自分の支持者のための政治が行われたということです。森友学園の教育勅語にそった学習内容に安倍首相の妻は涙を流していたことがテレビ報道されていました。
 国民は「森友問題の責任は安倍首相にある」と言っています。安倍首相の支持率の下落が国民の気持ちを表しています。
 しかし、財界は国会で自民党は3分の2の勢力があるのだから、頭を変えればいいだけの話という姿勢です。
 今回のことを自民党も財界もまったく反省していません。

 国民も同じような状態です。国民は「どう考えていいのかわからない」とも言っています。今日の国会でのやり取りをみても、「自民党議員が言っていることも、そうだな。」「野党議員が言っていることも、そうだな。」とはっきりしない国民も多くいます。
 事実を隠ぺいする政治が行われれば、権力者の都合で国民がなにかの犯罪の犯人に仕立てられることになるのと同じことです。
 私たち国民のあやふやな態度が、外国の基地を攻撃できる航空母艦建設など、6年連続の軍事費の引き上げ、新年度の予算は、専守防衛をこえて、軍事費は青天井で増え、生活保護費や社会保障の自然増分が削られ、保険料の引き上げを許しているのです。間違っていることは間違っているときちんと言いましょう。
 自民党と財界にきついお灸をすえましょう。
 安保法制に反対する府中市民会議の取り組みにご協力をお願いいたします。




 フクシマを忘れない!
  さようなら原発ヒロシマ集会」に
          300人がアピール!
 (2018/03/11)

 3月11日(日)の午後1時30分から、原爆ドーム前広場で「フクシマを忘れない!さようなら原発ヒロシマ集会」の第2部集会が開かれました。
 集会の冒頭には参加者全員で、東日本大震災で犠牲になられた方々へ黙祷が捧げられ、呼びかけ人の紹介・挨拶のあとヒロシマ弁護士会館で開かれた第1部集会に続き、人見やよいさん(福島から参加)からの力強い訴えがありました。
 集会の最後には、アピールが採択され「さようなら原発」と書かれたカードを参加者アピール行動として掲げられました。
 そして、原爆ドーム前から中国電力本社前までデモ行進が行われました。

           第2部集会の原爆ドーム前で訴える森滝春子さん

          第2部集会で訴える福島から参加した人見やよいさん

        「さようなら原発」の黄色いカードをかかげて集会アピール

          横断幕を持って原爆ドーム前からデモ行進に出発

               デモ行進中の参加者

           弁護士会館で開かれた第1部集会

         弁護士会館で講演された福島から参加した人見やよいさん




 署名行動を展開!『3の日行動』 (2018/03/03)


 3月3日(土)12:00から45分間、福屋前(広島市八丁堀交差点)において「安倍9条改憲NO!憲法を生かす全国統一3000万署名」が取組まれ、41名が参加し短時間の中でも91筆の署名が集まりました。
 ご協力ありがとうございました
 この行動は毎月3日に行われています。多くのみなさんのご署名をお願いします

※19日行動とは・・・
 『戦争法』が「成立」した9月19日に因み、毎月19日に、戦争法廃止を求める宣伝や署名活動をやっていこうという全国行動の一環として広島県内でも、2015年の10月から始めたものです。

※3の日行動とは・・・
 日本国憲法が公布(1946年)された3日午後1時、俳人の金子兜太(とうた)さんが書いた「アベ政治を許さない」のポスターが全国一斉に掲げられました。
 作家で「九条の会」呼びかけ人の澤地久枝さんが、毎月3日午後1時に掲げようと新たに提案した行動です。
 改憲への動きが顕著になってきている時に、広島でも「3の日行動」として、署名活動など取組んでいます。










NEWS新着情報

2016年12月31日
声明・談話のページを新設しました。
2016年01月01日
アクセスカウンターを設置しました。
2014年10月01日
社民党広島県連合 ホームページを全面リニューアルしました。
2012年09月12日
社民党広島県連合 ホームページを部分リニューアルしました。


バナースペース

社民党広島県連合

〒730-0017
広島市中区鉄砲町4-7-202

TEL 082-221-2768
FAX 082-223-2027


アクセスカウンター
since 2016/01/01



 

 

 


当面の予定


■岩国爆音訴訟控訴審
  第5回口頭弁論
 と き:5月18日(金)
     10:00~
 ところ:広島高等裁判所

 報告集会
 と き:5月18日(金)
     口頭弁論終了後
 ところ:広島弁護士会館
     3階ホール


■第3回 みずほ塾 in 広島
  テーマ:女性と政治
  2018年6月3日(日)
     13:30~16:00
  広島市南区民文化センター
    3階大会議室A