本文へスキップ

格差のない平和な社会を目指して!

TEL. 082-221-2768

〒730-0017 広島市中区鉄砲町4-7-202

格差のない平和な社会を目指して

ようこそ、社民党広島県連合のホームページへ

TOPICS



  ☆☆☆廿日市市議会議員選挙☆☆☆  (2017/03/26)

   小泉敏信候補当選!

 住みよい廿日市市政を築くためこれからも頑張ります!

 ご支援ありがとうございました!

 廿日市市市議会議員選挙は3月26日に開票(投票率49.91%)され「小泉敏信」候補は1376票をいただき当選を果たしました。




  ≪3月の19日行動≫ 府中市リレートーク  (2017/03/19)

   森友学園と安倍首相と安保法制

 3月19日(日)に府中での19日行動として、安保法制に反対する府中市民の会リレートークを行いました。
 今回は連日報道されている森友学園の幼稚園で園児に教育勅語を暗唱させている問題について訴えていきました。

天満屋前で訴える安保法制に反対する府中市民の会の皆さん


  府中市上下町Aコープ前で訴える小川敏男議員

1. 毎日、テレビは森友学園の話題ばかりです。言われていることはごみ撤去費用8億円の根拠は何かということです。
 問題となっている8億円のごみ撤去費用ですが、三原駅前の地上8階建てのペアシティ東館の解体費用が8億円だったそうです。あの森友学園の土地に8階建てのペアシティ東館の建物が埋まっていたのかと地元の経済リポートに書いています。いかに8億円のごみ撤去費用というものが無茶苦茶に高額であるかわかります。

2.森友学園の幼稚園では、園児に教育勅語を暗唱させ、果ては「安倍首相ガンバレ」「安保法制、国会通過良かったです!」と言わせていることです。
 安倍首相と関係する学校だからこそ、官僚が配慮して、全く根拠のない8億円のごみ撤去費をつくり、安く売られたのでしょう。安倍首相との関係は事実、安倍首相の妻がその幼稚園へ講演にいっていることからもわかります。

3.もう一つ、園児に教育勅語を暗唱させている問題です。この教育勅語は戦後1948(S23)年に、憲法の精神に反するとして廃止されました。そして教育基本法がつくられました。
 教育勅語が列挙する徳目の最後には、「一旦緩急アレバ、義勇公ニ奉ジ、以テ天壌無窮ノ皇運ヲ扶翼スベシ」とあります。
 意味は「いざというときには天皇に命をささげなさい」ということを最大の道徳とし、戦争中に学校で教えられ、多くの国民が戦争で命をおとしました。

4.安保法制を強行して憲法9条を改悪することと同時に、教育基本法も改悪しているのが安倍政治です。今回の森友学園の問題からもよくわかります。
 日本が進むべき方向は、世界の危機をあおらず、人道的支援と平和外交の憲法9条の精神を世界に発信していくべきです。
 いまこそ私たちは「武器をもって戦わないんだ」と言う日本の理念を世界に広めるときです。

 安保法制に反対する府中市民の会にご支援をお願いします。




  ☆☆☆廿日市市議会議員選挙☆☆☆  (2017/03/19)

   小泉 敏信 候補が110名の支援者を前に力強く第一声!

 廿日市市議会議員選挙が3月19日(日)スタートしました。
 同日の9:00から、小泉敏信選挙事務所前で110人の支持者・支援者が激励に集まり小泉敏信候補の出発式が行われました。

 来賓や後援会長の激励の挨拶の後、小泉候補は「これまでのご支持・ご支援に対して感謝いたします。私の政治理念は、働く人や社会的弱い立場に置かれている人たちの目線に立つ事。これは、これまでの7期28年間、一貫した私の活動の柱です。障がい者の自立支援に向けた作業所の開設など多くの課題を取組んできました。しかし、地域の過疎化への解消に向けた取組みも含め、まだまだ山積された課題が多くあるのが現実です。街づくりは皆さまと共になければなりません。住みよい廿日市市を作るため、是非とも皆様の熱いご支援のもと、議会へ送ってください!」と力強く訴えました。

 最後に必勝を期して参加者全員で「団結ガンバロー」を三唱。

 元気に選挙遊説へ出発しました。

 なお、社民党から檀上県連合代表が参加し激励の挨拶をしました。

 廿日市市議選は、3月19日(日)告示、3月26日(日)投票で行われます。
 定数が28名のなか立候補者数が35名と激戦になっています。

 小泉敏信勝利に向け、ご支援をお願いします。





  山城 博治議長(沖縄平和運動センター)釈放!  (2017/03/18)

 全国からの山城議長への長期不当拘留に対し、即時釈放を求める声が上がる中、釈放にいたるまで約5カ月を要しました。釈放は大変喜ばしい事ではありますがこの間、家族との面会規制や、使い捨てカイロ・靴下なども差し入れ禁止にするなど、国際人権団体が問題視するほどの不当拘留を続けさせた、政府・司法に対し怒りが湧いてきます。


 以下は「沖縄タイムス・3/18(土)」の記事を紹介します。

 米軍基地建設への反対運動中に逮捕・起訴された沖縄平和運動センターの山城博治議長(64)=威力業務妨害罪などで公判中=は18日午後8時ごろ、勾留されていた那覇拘置支所から保釈された。拘置支所前で待っていた支援者らと抱き合って喜んだ。
 福岡高裁那覇支部は18日、保釈決定を不服とした那覇地検の抗告(不服申し立て)を棄却。山城議長は保釈保証金を那覇地裁に納付した。
 山城議長は昨年10月17日に器物損壊容疑で逮捕されて以降、身柄拘束が続いていたが、高裁那覇支部の決定により、逮捕から約5カ月ぶりに釈放された。
 山城議長は18日午後7時58分、弁護団の4人に付き添われ、那覇拘置支所の建物から段ボール箱を抱えて出てきた。箱の中には、勾留中に国内外から届いた約400通の激励の手紙などが詰まっていた。支援者の輪に入ると、真っ先に妻の多喜子さんと抱き合った。
 支援者に一礼し、両手でガッツポーズすると感極まったように目が潤んだ。
 「一日千秋の思いで待っていた。皆さんと再会でき、こんなにうれしいことはない」と釈放を喜んだ。
 上下ジャージーで長靴姿。
 「せっかくの晴れの日に見てください、高江で捕まったまんまだよー」。
 乾いた赤土がこびり付いたままだった。
 「夜7時になって突然、釈放だから早く準備しろ、と言われた。知らなかったのは自分だけだったんだね」と話す。
 ガッツポーズ、カチャーシーといつも通りの夫の様子に妻多喜子さんは「5カ月前と全く一緒で本領発揮。明日からまた、はって辺野古に行くと言いかねない」と笑った。(沖縄タイムス・3/18(土)


    支持者らと抱き合って保釈を喜ぶ山城議長
        (沖縄タイムスより)

 今回の山城議長の保釈は条件付きとされており、不当逮捕となった関係者との接触などが制限されており、おのずと以前のような基地前活動などがしばらくは制約されてきます。
 露骨な反対運動の封じ込めの狙いが見え見えですが、地元沖縄で頑張っている人たちと共に闘う支援の輪を広げていきましょう!




  ★お知らせ★

   さようなら原発 ヒロシマ集会

    と き:2017年3月10日(土) 18:00~
    ところ:原爆ドーム前
    デモ行進 18:30~ 中国電力本社まで






  ★お知らせ★

   2017年国際女性デー広島県集会

    と き:2017年3月5日(日) 14:00~16:00
    ところ:ワークピア広島(広島市南区金屋町)
    講 師:森田裕美さん(中国新聞文化部記者)
         ~ヒロシマとジェンダー~「表現から見た栗原貞子の生き方」
    ※広島県庁前 12:45  集合
           13:00~ デモ行進し会場へ
 








NEWS新着情報

2016年12月31日
声明・談話のページを新設しました。
2016年01月01日
アクセスカウンターを設置しました。
2014年10月01日
社民党広島県連合 ホームページを全面リニューアルしました。
2012年09月12日
社民党広島県連合 ホームページを部分リニューアルしました。


バナースペース

社民党広島県連合

〒730-0017
広島市中区鉄砲町4-7-202

TEL 082-221-2768
FAX 082-223-2027


アクセスカウンター
since 2016/01/01



 

 

 


当面の予定



■2017年国際女性デー広島県集会

 2017年3月5日(日) 14:00~
 ワークピア広島
  (広島市南区金屋町)
 講師:森田裕美さん
    (中国新聞文化部記者)
 表現から見た栗原貞子の生き方
 
 ※12:45 広島県庁前へ集合
  13:00~ デモ行進し会場へ

■さよなら原発ヒロシマ集会

 2017年3月10日 18:00~
 原爆ドーム前