本文へスキップ

格差のない平和な社会を目指して!

TEL. 082-221-2768

〒730-0017 広島市中区鉄砲町4-7-202

活 動ACTION


社民党広島県連合の活動

 

 ≪19日行動≫ 戦争法廃止に向けた取り組み

 街頭行動

 戦争をさせないヒロシマ1000人委員会では毎月19日に街頭署名行動を行っています。
 社民党広島県連合もこれに全面的にこたえ、2000万人「戦争法の廃止を求める統一署名」に主体的・積極的に取り組んでいくことにしていますので、みんさんのご協力をお願いします。

  日 時  12月19日(土)14:00~ 
  場 所  福屋八丁堀本店前(広島市中区胡町6−26)


 2000万人「戦争法の廃止を求める統一署名」にご協力ください!
 「総がかり行動実行委員会」(戦争をさせない1000人委員会、解釈で憲法9条を壊すな!実行委員会、戦争する国づくりストップ!憲法を守り・いかす共同センター)は、首都圏反原発連合、SEALDs(シールズ)(自由と民主主義のための学生緊急行動)など一緒に活動してきた諸団体とともに、2000万人「戦争法の廃止を求める統一署名」を有権者の約2割にあたる2000万人以上集め、さらに広げていくことを呼びかけています。

 この2000万人「戦争法の廃止を求める統一署名」は、①「戦争法」である「平和安全保障関連法」をすみやかに廃止すること、②立憲主義の原則を堅持し憲法9条を守りいかすことの二点を内容とするもので、従来はともすると別々に取り組まれていた署名運動を1本化するという画期的な試みであるだけでなく、全国各地で広がる運動をさらに発展させる今後の柱となる運動であり、参院選での野党の協力と勝利にも大きな弾みとなることが期待されています。
 ぜひ多くの皆さんに2000万人「戦争法の廃止を求める統一署名」にご協力をお願いします。

 集約日:2016年4月25日

 署名用紙は2種類(戦争をさせないヒロシマ1000人委員会・社民党広島県連合)ありますので、印刷してお使いください。

   ◆戦争をさせないヒロシマ1000人委員会:署名用紙ダウンロード PDF版 
   ◆社民党広島県連合:署名用紙ダウンロード PDF版 

 【署名についてのご注意】
・2000万人「戦争法の廃止を求める統一署名」は、「戦争法廃止」を参議院選挙での争点とするべく、来年5月3日の憲法集会(東京・有明防災公園)での発表をめざしています。そのため、11月3日から署名活動を開始し、全体の集約日は、2016年4月25日となっています。
・新規の署名です。これまでの署名にご協力いただいた方も、署名することができます。
・この署名は日本にお住まいの方であれば、年齢・国籍を問わず署名できます。
・署名は原則的に自筆でお願いします。ただし、自筆で書けない事情があり、ご本人の承諾があれば、代筆も可能です。
・署名用紙はコピーしていただいてかまいません。
・署名は集まり次第、社民党広島県連合(〒730-0017 広島市中区鉄砲町4-7-202)へ持参または送付してください。
・お送りいただく際は、署名済みの用紙そのものを送ってください。FAXでの送付は無効となってしまいますのでご注意ください。
・いただいた署名は、国会や首相官邸へ提出する以外の目的では、使用いたしません。
・そのほか、ご不明な点がありましたら、社民党広島県連合までお問い合わせください。

 


 ≪19日行動≫ 街頭署名行動 戦争法の廃止を!    (2015/12/19)

 2015年12月19日(土)午後2時から広島市中心部の金座街で、19日行動を行いました。
 この行動は、去る9月19日未明、与党自民党と公明党を中心に、前々日の参議院特別委員会の抜き打ち強行採決を受け、戦争法案以外の何ものでもない安全保障関連法案を参議院本会議で可決し成立させたことに抗議し、この「戦争法廃止」に向けて毎月19日に全国各地で展開されています。
 広島でも「戦争させない1000人委員会」の呼びかけで30名が街頭署名・チラシ配布行動に取り組みました。


 戦争法廃止の署名活動を訴える金子哲夫広島県連合顧問

   主催者の世話人代表・秋葉忠利前広島市長

 戦争法の危険性を訴える山田延廣さん(広島弁護士会)

  

  

 戦争法反対の賛同署名は212 筆が集まりました。ご協力ありがとうございました。 

 
 



バナースペース

社民党広島県連合

〒730-0017
広島市中区鉄砲町4-7-202

TEL 082-221-2768
FAX 082-223-2027