本文へスキップ

格差のない平和な社会を目指して!

TEL. 082-221-2768

〒730-0017 広島市中区鉄砲町4-7-202

活 動ACTION


社民党広島県連合の活動

 

 さようなら原発全国集会in京都 報告 (2015/09/06)

 9月6日(日)京都市梅小路公園で「さようなら原発in京都」が開催されました。「さようなら原発1千万人署名市民の会」等、反原発の市民団体が呼び掛け、雨が降りしきる中、約5,500人(主催者発表)が参加しました。(広島県平和運動センターからは7人が参加)
 集会では主催者あいさつ、高浜、川内、伊方、福島のそれぞれ原発を抱える現地より、現状や、再稼働阻止にむけたとりくみについて報告がされました。また、同集会では、ゲストスピーカーとして前滋賀県知事の嘉田由紀子さん、「さようなら原発、戦争をさせない全国署名」の呼びかけ人でもあり、ルポライターの鎌田慧さんらが、登壇しスピーチをおこないました。
 嘉田さんは、「県知事時代、琵琶湖の環境改善にむけた行政を取り組んでいる時に、原発反対を訴えていた。当時の野田前首相や関東広域連合からは相当な圧力がかけられていた」と明かしました。そして「琵琶湖から若狭湾の原発立地県から数十キロ程度しか離れておらず、もし原発で重大な事故が起これば間違いなく琵琶湖にも放射能汚染は広がり、琵琶湖が汚染をされれば、滋賀だけでなく隣接県、または遠くは兵庫県まで影響が出てしまう」、「人は避難できる、電源も代価はある、しかし琵琶湖はもって逃げることは出来ない。水のかわりはないのだ」と力強く訴えました。
 鎌田さんは、「今の安倍政権は制御棒が抜かれた暴走政権であり、国民はみんなその下で苦しんでいる」と安倍政権の運営を厳しく批判。また、原発再稼働だけでなく、安保法案、労働者派遣法の改悪を「民主主義の破壊」とし、60年安保闘争以降の55年間、私たちの運動が民主化を徹底させられなかったこと、エコノミックアニマルとして経済至上主義に没頭しすぎるあまり、政治に無関心になっていったこと、そのことが「民主主義の崩壊」を招いてしまったと述べました。原発問題についても「原発は、人権、生存権、人格権のどれからも真向から否定されるものであり、人間社会で不要なものである」「福島のことを思って下さい。故郷に帰りたくても帰れず、仮設住宅で命を落とす人がたくさんいる。こんな政権を支持してきた。」「原発政策はもう破綻している、もう終わっているんだ、これに早くとどめを刺したい。」と原発廃炉に向けた運動に全力を尽くす決意を述べました。
 同集会では、福島原発告訴団の告訴人でもある古川好子さんが、現地の現状や訴訟の審議について報告されました。古川さんは、東電や国が全く被害者への救済に真摯にとりくんでいないことだけではなく、除染作業が十分でない故郷への「帰還政策」を国が進めていることに触れ、責任の所在があいまいなまま、帰還者の被曝が意図的にすすんでいる現状に声を荒げました。
「いったい誰が責任を取ってくれるのか」「甲状腺異常の報告も出ているにも関わらず、国や東電から依頼された研究者は『そのようなことはおきない』と云っている」と訴え、「今も福島は終わっていない、復興からは程遠いんだということを知ってもらいたい」と話され今後も引き続き、裁判支援や復興支援を呼びかけました。
 同集会では、川内原発の再稼働を認めない、高浜原発、伊方原発の再稼働を許さない運動に最大限の力を注ぐとした集会アピールを参加者全員で採択し、「ストップ!原発再稼働」のプラカードを掲げ、アピール行動を行いました

  報告:安佐北・有田智樹


 
 





バナースペース

社民党広島県連合

〒730-0017
広島市中区鉄砲町4-7-202

TEL 082-221-2768
FAX 082-223-2027