本文へスキップ

格差のない平和な社会を目指して!

TEL. 082-221-2768

〒730-0017 広島市中区鉄砲町4-7-202

選 挙ELECTION

◆第48回衆議院議員総選挙


                                   2017年10月10日

  第48回衆議院議員総選挙の公示にあたって(声明)

                                    社会民主党

 本日、衆議院総選挙が公示されました。今回の総選挙の最大のテーマは、これまで暴走を続けてきた安倍政権の是非です。立憲主義・民主主義・平和主義を踏みにじる安倍暴走政治を続けさせるのか、ストップするのか、1%の大企業・富裕層優遇の政治を許すのか、99%の庶民の暮らし優先の政治に変えるのか、そして戦争する国に進むのか、憲法の理念を活かす政治へと切り替えるのか。民意無視の暴走政治に終止符をうち、私たちの手に政治を取り戻す絶好のチャンスであり、社民党は、「憲法を活かす政治」をスローガンに掲げ、全力で闘います。

 2012年末に政権に就いた安倍首相は、一部の大企業・富裕層のためのアベノミクスによる格差と貧困の拡大、「年金カット法案」や医療・介護の改悪などの社会保障の切り捨て、「世界で一番企業が活動しやすい国」のための労働法制の改悪、沖縄県民の民意に反した辺野古新基地建設、原発事故の収束もないまま避難者を切り捨てる一方での原発再稼働・原発輸出、特定秘密保護法や「戦争法」、「共謀罪法」の強行による「戦争できる国」づくりを進めてきました。

 憲法とは、主権者たる国民が、政治権力の専制支配を防止し、個人の自由や権利を保障させるために政治権力を縛るためのものです。しかし、アベ政治の暴走によって、憲法の理念や条文がないがしろにされ、憲法の理念や憲法が保障している人権が守られ活かされているとはいえない現状にあります。

 安倍首相は、今度の総選挙で議席の過半数を得たら、”モリ・カケ疑惑”の「みそぎを果たした」と強弁し、違憲の戦争法によって世界中で戦争できるようにした自衛隊を憲法9条に位置づける「2020年改憲」に一気に突き進みかねません。立憲主義を踏みにじり、国民を見下したアベ政治そのものが問われています。安倍政権のおごり、権力の私物化を許してはなりません。

 安倍政権の進める新自由主義・新保守主義路線への対抗軸は、平和・自由・平等・共生を掲げる社会民主主義です。アベ政治の暴走への対案は、「憲法を活かす政治」です。社民党は、日本で唯一の社会民主主義政党として、憲法を変えるのではなく、憲法の理念や条文を活かして、この社会をもっと生きやすく暮らしやすい社会へと改革していく、「憲法を活かす政治」、「国民生活最優先の政治」の実現を目指し、全力で取り組みます。

 また、政界再編ばかり騒がれていますが、新しくできた希望の党は、「9条を含め憲法改正論議を進める」ことを公約の3本柱の一つに掲げ、「戦争法」を容認し、辺野古新基地建設を着実に進める立場です。「日本のリセット」は平和憲法のリセットにつながりかねません。改憲勢力が3の2以上を占めれば、憲法9条改悪にまっしぐらとなります。自衛隊が大手を振って海外で戦争する国へ突き進むとともに、その裏では国民の自由や権利がますます抑圧されることは明らかです。

 この間、平和と民主主義、立憲主義の回復を願う多くの市民の皆さんが、「さようなら原発」、「戦争法廃止」、「辺野古新基地反対」、「共謀罪反対」、「最低賃金引き上げ」、「給付型奨学金創設」などの運動に立ち上がりました。社民党は多くの市民の皆さんとともに、私たちの手に政治を取り戻し、憲法をないがしろにし、国民に背を向けて暴走を続ける安倍政権を終わらせたいと決意しています。そして、改憲勢力を3分の2割れに追い込み、「戦争できる国」ではなく、一人一人が大切にされ、平和で安心して暮らせる社会を目指して22日の投票日まで全力で闘い抜きます。社民党への熱いご支持・ご支援をお願いいたします。

                                              以上

 衆議員総選挙公約
 2017
 憲法を活かす政治 社民党


  注意:選挙公約はファイル容量が大きいためダウンロードに時間がかかる場合があります。



 ☆「福原宗男」 島根県2区から 社民党公認候補として頑張っています!

    詳細情報は こちらから 

  比例区は社民党へ!




 衆議院総選挙闘争!      (2017/10/11)

  社民党広島県連合は以下の二人を推薦しています

  広島3区:塩村 あやか (無所属)

  広島4区:えびす 圭二 (無所属)

  両候補の必勝に向け皆様のご支援をおねがいします。

   ※二人の詳細情報はそれぞれの写真をクリックしてください

  比例区は社民党へ!





 衆議院総選挙闘争 社民党決起集会を開催! (2017/10/14)

  安倍政権の暴走政治に終止符を!

  比例区は社民党へ!

 10月14日(土)午後6時から、広島南区民センター大会議室で「社民党決起集会」が開催されました。
 急な呼びかけにも関わらず、日常からご支援をいただいている労組・支持者の方々60名が参加されました。

 檀上代表からの挨拶に続いて、金子顧問(前代表・元衆議員)から、現在の与野党含めた政治状況・憲法などを通じ社民党の果たす役割の重要性と、社民党への一層の支持を訴えられました。

 最後に山内副代表の音頭で「団結ガンバロー」を三唱し閉会しました。

 なお、同日午後2時から三原市内でも決起集会が開催されました。





 衆議院総選挙闘争!        (2017/10/18)

  選挙戦もあと僅か! 安倍政治にNO!を突き付けましょう

  
比例区は社民党への支持をお寄せ下さい!

 10月18日(水)午後5時30分から、八丁堀交差点・福屋前(広島市内)で衆院選も終盤を迎えるなか、社民党の政策ビラを配布して訴えました。

 社民党(比例区)選挙車の運行予定
     19日(木):東広島〜呉〜広島市安芸区。
     20日(金):東区・南区・中区・西区・佐伯区・廿日市市
     21日(土):安佐南区〜安佐北区


  広島選挙区(推薦候補)については各ホームページをご参照ください。

  広島3区:塩村 あやか(無所属)

  広島4区:えびす 圭二(無所属)





 衆議院総選挙闘争!        (2017/10/20)

  比例区は社民党へ!
  市内各地で街頭から訴え!

 選挙戦も大詰めを迎えています。
 10月20日は、午前中は広島市内(東区・南区・中区・西区)を中心に、午後からは佐伯区・廿日市市で「比例区は社民党へ!」と訴えました。



 安倍首相は選挙中の演説では、憲法九条の改正や、自衛隊を軍隊として明記することなどには触れずに、選挙後は「選挙で承認されたのだから」と、数に物を云わせる強引な政治手法をこれまで以上に進めようとしています。
 こうした国民不在の政治にはこの選挙できっぱりと NO! を突きつけましょう!



 社民党は今の平和憲法を守ります。ご支援・ご支持をお願いします!

 社民党(比例区)選挙車の運行予定
     21日(土):安佐南区〜安佐北区を重点に訴えていきます。




 ご支援ありがとうございました!


 今回の衆院選では、野党共闘が崩れる中、傲慢な安倍政権の存続を許す結果になりました。
 厳しい選挙戦ではありましたが、皆さまのご期待に応えられなかった事をお詫びいたします。しかしながら根強い皆さまからのご支持・ご支援を頂いた結果、社民党は改選議席を守る事ができました。
 改めてのご支援に感謝いたします。

                                       2017年10月23日

  第48回衆議院議員総選挙の結果について(声明)

                                         社会民主党

 昨日、第48回衆議院議員総選挙の投開票が実施されました。社民党は、憲法をないがしろにし、国民に背を向けたアベ政治の暴走にストップをかけ、改憲勢力を3分の2割れに追い込む選挙であるとして、小選挙区19名、比例単独2名、あわせて21名の公認候補者を擁立し、「5議席・185万票」以上の獲得を目指し、全党の総力を上げて闘いました。しかし、結果は、小選挙区で沖縄2区の照屋寛徳候補の1議席、比例区では九州ブロックの吉川元候補の1議席の現有2議席の当選に留まりました。悪天候の中、社民党を支持し投票してくださった方々に、心から感謝申し上げます。あわせて、社民党に温かいご支援、ご声援を下さった国民・有権者のみなさんのご期待に応えきれなかったことをお詫びいたします。
 社民党は、今回の総選挙を、政治を市民の手に取り戻し、国民生活最優先の「憲法を活かす政治」を実現する機会であるとして、平和憲法を変えさせない、モリ・カケ疑惑徹底追及、消費税10%引き上げ反対、脱原発実現、沖縄の新基地建設反対、人間らしい働き方の実現、粘り強い対話と平和外交などを柱に全国各地で訴えてきました。候補者、党員、支持者のみなさんが総力をあげて奮闘し訴えた社民党の主張や政策は、アベ政治の暴走に苦しめられている人々の共感を得ているという確かな手応えがありました。一方で、候補者擁立の遅れや超短期決戦だったことも響いて、社民党の政策や主張を十分浸透させるには限界がありました。それでも厳しい戦いの中、定数減にもかかわらず、現有の2議席を確保することができました。反転攻勢に向け、真剣な総括を行い、次期参議院選挙を展望した体制を確立し、社民党の再建・再生につなげていきます。
 安倍自民党は、選挙戦では、アベノミクスの「成果」や北朝鮮への対応を強調するばかりで、「丁寧に説明する」としたモリ・カケ疑惑や、公約に盛り込んだ改憲案について、ほとんど説明を行いませんでした。こうした安倍政権による争点ずらし・争点隠しに加え、希望の党の結成や選挙直前の民進党の事実上の解党と希望の党・立憲民主党・無所属グループへの分裂によって、野党と市民の共闘が十分機能せず、野党候補が競合して安倍自公政権VS立憲野党連合という構図を作りきることができませんでした。そのため、安倍政権に審判を下し改憲勢力を3分の2割れに追い込むという、今回の総選挙の本来の意味が見失われてしまい、自公が漁夫の利を得るケースが続出しました。
 自民党は絶対安定多数を単独で確保し、追加公認した無所属候補3人と合わせ、自公両党で定数465の3分の2を確保したことから、安倍政権は、「みそぎが終わった」、「国民の信を得た」と言わんばかりに、「残業代ゼロ制度」をはじめとする悪法の成立や国民を苦しめる消費税増税に突き進むとともに、年内にも自民党改憲案を国会に提出するなど、平和憲法そのものに手を着け、暴走のアクセルをさらに加速することが懸念されます。しかし、世論調査では、安倍政権に対する不支持が支持よりも多数となっています。国民・有権者の思いと選挙結果は大きくねじれ、死票が多く民意を忠実に反映しない小選挙区制の弊害もいっそう明確となりました。
 社民党は、皆さんの熱いご支持や励ましを糧に、決してあきらめず、今日から新たな気概で、護憲政党として、そして日本で唯一の社会民主主義政党として、憲法を変えるのではなく、「日本国憲法」の理念や条文を活かして、一人ひとりのいのちや暮らしが大切にされる社会の実現に向けて闘いを始めます。そして、アベ政治の暴走を止め、安倍政権による改憲を阻止するため、院内外でのリベラル勢力や市民連合をはじめとする皆さんとの連携・共闘をさらに進めていくことをお約束申し上げ、総選挙のお礼と決意とさせていただきます。

                                              以上






バナースペース

社民党広島県連合

〒730-0017
広島市中区鉄砲町4-7-202

TEL 082-221-2768
FAX 082-223-2027