本文へスキップ

格差のない平和な社会を目指して!

TEL. 082-221-2768

〒730-0017 広島市中区鉄砲町4-7-202

特 集SPECIAL

2017年05月03日

 

 5・3ヒロシマ憲法集会 (2017/05/03)

  
施行70年 いいね!日本国憲法 平和と いのちと 人権を!

 集団的自衛権容認、戦争法、PKO「派遣」秘密保護法、盗聴法、そして「共謀罪」。日本を「戦争する国」に作りかえようとする安倍暴走政治。
 しかし日本の憲法は、戦争放棄とはっきり書き、自由と民主主義、国民の権利を守ると宣言しています。施行から70年たった今も、日本国憲法は私たちの大切な宝物。
 平和といのちと人権を!5月3日の「憲法記念日」。憲法を、守り、いかす ヒロシマの心を込めた 憲法集会です。

 日時:2017年5月3日(水・祝) 午後13時〜14時30分
 会場:ハノーバー庭園
 内容:《歌のアピール》13:05〜
      「1本の鉛筆」:二階堂 和美さん(歌手、浄土真宗本願寺派僧侶)
    《記念講演》13:20〜
      「市民と野党共闘で 安倍政権をとめる!」:清水 雅彦さん(日体大教授、戦争させない1000人委員会)


 


 
 5・3ヒロシマ憲法集会 1500名が参加!  (2017/05/03)

  
施行70年 いいね!日本国憲法 平和と いのちと 人権を!

 5月3日、13時からハノーバー庭園(広島市)で『施行70年 いいね! 日本国憲法 平和といのちと人権を! 5.3ヒロシマ憲法集会』が開かれました。

 これまではそれぞれで取組んできた「広島憲法集会 マイライフマイ憲法」(同実行委員会主催)と、「輝け9条・活かそう憲法”5.3ヒロシマ集会」(広島県平和運動センター・広島県原水禁・憲法を守る広島県民会議など主催)が横暴政治を進める安倍政権に対抗するため、昨年に引き続き2回目の共同開催でした。

 集会は、はじめに主催者挨拶。

 続いて、二階堂和美さん(注1)による、「一本の鉛筆」(注2)の歌とアピールがありました。
 会場は日射しが強い中でしたが、二階堂さんの澄み切った声と力強いアピールは参加者一人ひとりの心へ浸透してきました。

 そして記念講演として清水雅彦(日本体育大学教授・戦争をさせない1000人委員会事務局長)さんから「市民と野党共闘で安倍政権をとめる!」と題して講演がありました。
まず冒頭に
 「今の憲法は理想を高く掲げているという事もあるが、一番大事なことはいかに国家としての権力を縛っているかという点です」と話され、自民党改憲案(2012年4月「日本国憲法改正草案」)が何を狙いとしているのかを会場で配られたレジュメに添って解り易く進められました。

 自民党の改憲案は「積極的平和主義」を進めるものだと安倍首相は機会ある毎に発言しているが、改憲案の内容を見れば本質が見えてきます。
 ○現憲法の前文第1段主語には・・・
  「日本国民は」と書かれているが、改憲案では「日本国は」と国民が消されている
 ○12条・13条にある・・・
  「公共の福祉」(現憲法)が「公益及び公の秩序」(改憲案)へ
   (公共とは人々の・・という意味で人権と人権が衝突した際の調整手段をさす)
 ○大幅な義務の拡大・・・
  現憲法では「勤労」「教育」「納税」の3大義務だったものが改憲案では、それに加え「国防・国家・・・」などプラス10項目書かれている

 また、「一国平和主義」では成り立たないと批判するが、現憲法前文には「・・・・われらは全世界の国民が、ひとしく恐怖と欠乏から免れ、平和のうちに生存する権利を有することを確認する」と書かれている。

 現憲法の基本理念・精神を勝手に解釈し曲げるだけでなく、この間、強行してきた秘密保護法・戦争法・共謀罪法案そして憲法「改正」の流れを見ると国民主権とは程遠いものになっている。

 このほか多くの話をされましたが、最後に「参院で結果的に改憲勢力が2/3を超えたことは重く受け止めなければならないが、市民と野党が共闘し、32ある一人区での統一候補を実現させた事は大きい。政党や労組など、これからの運動の基本的な課題だと思う。
 また、私たちは全国各地で総がかり行動・市民連合を結成し、野党共闘の土台・接着剤になるよう頑張りたい」と話され、そのための個人の課題として、色々な場に個人で参加して「勉強になった」だけではダメ!もう一人誘って参加しようとする事を常に考え行動して欲しい!」と力強く訴えられました。

 集会最後には、参加者全員でアピール行動を行いました。

(注1) 二階堂和美さんは、スタジオジブリの高畑勲監督作品『かぐや姫の物語』のテーマ曲を依頼され「いのちの記憶」(作詞・作曲・歌)を提供しています

(注2)「1本の鉛筆」は、1974年8月9日の第1回広島平和音楽祭で『美空ひばり』さんが初披露しました。
  音楽祭のために作られた作品で、彼女の好きな10曲の中にも入っています。
  その後、1988年の第15回広島平和音楽祭で体調の悪い中、もう一度歌われました。


 一本の鉛筆
     【作詞】松山善三 【作曲】佐藤 勝

   1.あなたに 聞いてもらいたい
     あなたに 読んでもらいたい
     あなたに 歌ってもらいたい
     あなたに 信じてもらいたい
     一本の鉛筆があれば
     私は あなたへの愛を書く
     一本の鉛筆があれば
     戦争はいやだと 私は書く

   2.あなたに 愛をおくりたい
     あなたに 夢をおくりたい
     あなたに 春をおくりたい
     あなたに 世界をおくりたい
     一枚のザラ紙があれば
     私は子どもが欲しいと書く
     一枚のザラ紙があれば
     あなたを返してと 私は書く

       一本の鉛筆があれば
       八月六日の朝と書く
       一本の鉛筆があれば
       人間のいのちと 私は書く

 






バナースペース

社民党広島県連合

〒730-0017
広島市中区鉄砲町4-7-202

TEL 082-221-2768
FAX 082-223-2027