本文へスキップ

格差のない平和な社会を目指して!

TEL. 082-221-2768

〒730-0017 広島市中区鉄砲町4-7-202

選 挙ELECTION


 第24回 参議院選挙



 ★多くの皆様のご支援に改めて感謝いたします。

 今回の参院選挙は大変厳しい結果となりましたが、社民党に寄せられたご支援やご期待に応えられるよう一層の奮闘を決意する次第です。


                                       2016年7月11日

        第24回参議院議員通常選挙の結果について(声明)

                                            社会民主党

 昨日、第24回参議院議員通常選挙が投開票されました。社民党は、「アベ政治の暴走を止める」とのスローガンを掲げて、比例代表で現職2名を含む公認7名、選挙区で公認4名を擁立し、「2議席以上、250万票以上」の獲得目標に向け総力を挙げました。しかし、改選2議席を死守できず、当選は1名のみと極めて厳しい結果となりました。社民党の政策や主張に期待し投票してくださった方々に、心から感謝申し上げるともに、温かいご支援・ご声援をいただいた国民・有権者の皆さんのご期待に沿えなかったことをお詫びいたします。

 32の1人区では、社民党が野党共闘の「要石」として、候補者一本化と共通政策策定に努力し、4野党(社民・民進・共産・生活)統一候補を実現し、また2人区でも野党候補3名を推薦し、全員当選をめざして闘いました。候補者は各地で互角の戦いを繰り広げ、14名(うち1人区11名)の当選をかちとることができました。なかでも、福島での野党統一の増子輝彦候補の当選や、「オール沖縄」の闘いによる伊波洋一候補の当選は、現職2閣僚を下す成果を上げました。

 社民党は、今回の参院選を、民主主義・立憲主義・平和主義を国民の手に取り戻し、憲法改悪を阻止する極めて重要な闘いと位置づけ、国民のいのちと暮らしを壊す「アベ政治」の危険性を訴えました。@戦争をしない国・辺野古新基地阻止をめざす、A消費税増税中止・社会保障の充実・労働者保護など暮らしと雇用の再建、B給付型奨学金制度をはじめすべての若者に居場所と希望をつくる、C原発再稼働に反対・脱原発社会の実現、DTPP参加に反対・農林水産業と地域を守る、E被災地を切り捨てず人間の復興の実現−を訴えた社民党の6つのビジョンは、「アベ政治の暴走」に苦しめられている人々の共感を得ているという確かな手応えがありました。

 しかし、「アベノミクス」をカモフラージュにした意図的な「争点隠し」、中身のない「野合批判」を繰り返す与党の戦法によって、国民の最大の関心事である「社会保障・消費税・憲法・原発」という本来の「争点」がぼかされ、安倍政権の対極にある社民党の政策や主張を十分に浸透させることができませんでした。また、安倍首相が選挙戦が始まってからの党首討論から逃げたことや、参議院選挙より東京都知事選挙を優先する報道姿勢の歪みも一因となって、国民の関心が低下し、投票率は前回を上回ったものの、戦後4番目の低さとなりました。今回初となる合区選挙区では、候補者の声が地域に十分行き届かなかったなどの問題点も浮き彫りになりました。それでも、厳しい闘いのなかで奮闘する候補者、党員、支持者の皆さんの思いが大きな輪へとつながり、比例代表では前回の約126万票を上回る150万票を超える得票を獲得し、得票率も2.4%から2.7%に伸ばすことができ、18歳になったばかりの若者をはじめ、多くの市民の皆さんとの新たな絆をつくることができました。社民党は、この新たな絆を原動力として、党の再建・再生を進めるため、真剣な総括論議を始め、「市民に政治を取り戻す」ための新たなスタートを切る決意です。

 今回、自公に改選定数の過半数61を上回る結果を許し、改憲勢力による非改選議席を合わせ、憲法改正案の発議に必要な「3分の2」以上の議席を確保することを阻むことはかないませんでした。今後、今回の選挙結果をもって「国民の信任を得た」とする安倍政権によって、「戦争する国」への総仕上げとなる「明文改憲」が大きな焦点に浮上してくるでしょう。最初の改憲項目に想定される「緊急事態条項」の創設は、政府に全権・白紙委任状を渡すことによって憲法9条までもが骨抜きにされる危険性をはらんでいます。しかし、憲法改悪が議論される国会だからこそ、護憲政党である社民党が、しっかりと役割を果たさなければなりません。院内外での4野党共闘をさらに強め、現在の政治状況に危機感を持つ人々とともに、集団的自衛権の閣議決定撤回、「戦争法廃止法案」の成立を追求して、何としても「平和憲法」の改悪を阻止しなければなりません。

 今日から新たな闘いが始まります。「平和」を願う市民の力が試される時です。新たに有権者となった18・19歳の若者も、投票して終わりではなくこれからの政治の行方を見極めてください。社民党は多くの方々の励ましを糧にして、その期待に応えるべく、決してあきらめず、護憲政党としての活動実績と誇りをかけて、憲法改悪・平和破壊の「アベ政治の暴走を止める」ために国会の内外で奮闘します。そして、日本で唯一の社会民主主義政党として、これからも皆さんと手を携えて、一人ひとりのいのちや暮らしが大切にされる「日本国憲法」の理念を活かした社会の実現に全力で取り組みます。

                                              以上



 第24回参議院選挙 比例区は社民党へ!  (2016/07/04〜05)

 第24回参議院選挙が6月22日に公示され、18日間の闘いも終盤となってきた7月4日から5日にかけて、呉→東広島→竹原→三原→尾道→府中→福山を社民党街宣車を走らせ「比例区は社民党へ」と訴えてまわりました。
 7月5日(火)は、35℃の猛暑の中で府中市内で街宣車を止めて水田豊府中市議会議員が市民に訴えました。

 参院選の闘いも最終盤になりました。
 マスコミ報道では、自公などの改憲勢力が3分の2をうかがう勢いと報じています。
 残り数日、全力をあげて「比例区は社民党」の支持拡大に総力を結集して最後の力をふりしぼりましょう!!!



 第24回参議院選挙 社民党街宣活動  (2016/07/02〜03)

 第24回参議院選挙が6月22日に公示され、18日間の闘いも中盤戦を超えた7月2日から3日にかけて、社民党広島県連合として、広島市内の街頭で「アベ政治の暴走を止めよう!」、「比例区は社民党へ」とお願いしました。

 7月2日(土)は、広島市中区金座街で街宣車を止めて小泉敏信廿日市市議会議員が市民に訴えました。

 7月3日(日)は、突然の雨にも負けず、広島市中区本通りの叶やの前で金子哲夫広島県連合顧問を中心に社民党への支持を訴えました。




 第24回参議院選挙で福島みずほが街頭演説  (2016/06/29)

 第24回参議院選挙が6月22日に公示され、18日間の闘いがスタートし福島みずほが全国遊説をはじめ、6月29日(水)11時から30分間、雨の中で広島駅北口で街頭演説を行いました。
 福島みずほを国会に送ろう広島応援団長の木原省治さんも駆けつけ、傘を差しかけて応援しました。
 広島には30分という短い時間でしたが、多くの方と握手。

  この後、山口→小倉→博多→熊本へ向けて全国を回ります。



                                 2016年6月22日

       第24回参議院議員選挙の公示にあたって(声明)

                                     社会民主党

 本日、第24回参議院選挙が公示され、18日間の闘いがいよいよスタートしました。今回の選挙は、安倍政権のもとでないがしろにされ破壊されてきた民主主義・立憲主義・平和主義を国民の手に取り戻す選挙です。社民党は、「アベ暴走の政治を止める」をスローガンに掲げ、全力で闘います。

 安倍政権下の3年半で、国民の「いのちと暮らし」が脅かされ続けています。消費税増税による家計への圧迫、医療や介護などは負担増の反面でサービスの削減が進められています。また、労働法制改悪によって低賃金・不安定雇用が拡大し、労働環境の質は劣化しています。1%の大企業や富裕層を優遇するために、99%の国民の暮らしを切り捨てることでしか成長を達成できないのが「アベノミクス」の本質です。社会保障の切り捨て、沖縄県民の民意を無視した辺野古新基地建設の強行、農林水産業と地方を壊すTPPの推進や原発再稼働など、国民にしわ寄せを押し付け民意に背を向ける強権政治をここで止めなければなりません。

 昨年9月には、「戦争法」の成立が強行されました。日米同盟の名の下で、アメリカの戦争に従わざるを得ない「戦争下請け国家」への道が進められています。戦後70年間、日本は平和憲法の下で「戦争しない国」を貫き、戦争によって誰のいのちも奪い奪われることのない歴史をつないできました。憲法9条は、世界の人々から信頼され、繁栄の礎となってきました。憲法違反の「戦争法」を廃止に追い込み、平和憲法を次世代にもつないでいくことが、真の護憲政党としての社民党の使命です。

 そして、「憲法」こそが参院選の最大の争点です。安倍首相は在任中の改憲をめざし、改憲勢力3分の2の議席獲得を狙っています。「自民党改憲草案」では自衛隊を「国防軍」に改め、「戦争できる国」づくりを強化するとともに、「公益及び公の秩序」のために国民の諸権利を奪うなど、立憲主義を転換し、国民より国家を優先する「国家主義」が強調されています。特定秘密保護法、集団的自衛権の行使容認、戦争法に続き、戦時体制国家づくりの総仕上げとなる憲法改悪を絶対に阻止しなければなりません。

 今回の選挙は、安倍政権の暴走政治に危機感を募らせた多くの市民の声を実現させる選挙です。そのためには、社民党が「要石」となり実現させた4野党共闘による統一候補の全員当選をめざします。そしてなにより、社民党が議席増を勝ち取り飛躍しなければなりません。社民党は、国家のために国民が義務を果たす社会ではなく、国民が主役の社会、日本国憲法の理念が職場や生活・地域社会の隅々まで行きわたる社会の実現をめざして全力で闘います。
 そして、18歳選挙権が実現してはじめての国政選挙でもあります。世界で若者中心のリベラルの動きが広がっています。社民党は若い皆さんと一緒に希望の未来を創ります。
公示日にあたり、社民党へのご支持・ご支援を皆様に訴えます。

                                            以上




 福島みずほ東海道・山陽新幹線ずんずん街宣  (2016/06/10)

 6月10日(金)社民党参議院議員の福島みずほさんが、「東海道・山陽新幹線ずんずん街宣」として広島県では福山市と広島市で街宣を行いました。
 16時15分に福山で下車し、福山駅の待ち合わせ場所として誰もが知る釣り人像の前で演説した後、新幹線で広島に移動しましたが、その後も支持者らによる活発なリレートークが行われました。

    福山駅前で街宣する福島みずほさん

 続いて広島に移動した福島みずほさんは18時15分から、広島本通りの洋服の青山前で街頭演説。
 社民党広島県連合からは、檀上正光代表(尾道市議会議員)、山内正晃(広島市議会議員)、福山権二(庄原市議会議員)も一緒に支持をお願いしました。
 また、福島みずほを国会に送ろう広島応援団長の木原省治さんも応援に駆けつけました。

 多くの方が立ち止り福島さんの話に耳を傾け、うなずき、訴えに賛同していました。
 近所のある店長さんから「多くの演説を聞くが、久しぶりに雑音のない誰もがわかるようないい話をきいた。」と、声をかけていただきました。





 広島と三原で社民党時局講演会開く  (2016/05/28)

≪広島会場≫
 5月28日(土)午前10時30分からワークピア広島で吉田忠智社民党党首が講演しました。

  党員、支持者を前に講演する吉田社民党党首
 吉田党首は昨日(27日)の米オバマ大統領の広島訪問に触れ、「もっと資料館の見学に時間を取ってほしかった。被爆者と立ち話ではなくきちんと語り合える時間をもってほしかった」と述べました。
 今度の参議院選挙では、安倍の強権政治を許さないためにも野党4党がしっかり共闘してがんばらなければならないと力強く訴えました。

     厳しい表情で今の時局を語る
 来賓として参加された、福島みずほを国会に送ろう広島応援団団長の木原省治ともがっちり握手。

     吉田党首と握手する木原さん
 また、参議院広島選挙区に立候補予定の民進党の柳田稔氏もかけつけ、共に闘う決意をのべました。

   連帯のあいさつをする柳田稔参議院議員


≪三原会場≫
 広島での講演を終えた吉田忠智社民党党首は、会場を三原に移して午後1時30分から時局講演会が開かれました。

  あいさつする檀上社民党広島県連合代表
 吉田忠智社民党党首は70名の党員、支持者を前に講演しました。

     現在の厳しい情勢を語る吉田党首
 福島みずほを国会に送ろう広島応援団の平木薫副応援団長は「社民党比例候補者予定の吉田忠智・福島みずほ両者はもちろん、社民党比例候補者全員の当選を目指しましょう!!」と、力強い応援をいただきました。 

     力強く応援する平木さん
 最後に全員で団結がんばろうでしめくくりました。




 やなぎだ稔後援会事務所開きに社民党激励
  (2016/05/28)

 5月28日(土)午前11時30分から広島市中区の上幟町公園で、民進党のやなぎだ稔後援会事務所開きがありました。

  激励のあいさつをする檀上社民党広島県連合代表
 安倍政権の強権政治にストップをかけるためにも野党共闘は重要であり、7月に予定されてる第24回参議院通常選挙広島県選挙区におけるやなぎだ稔参議院議員(現・3期)の後援会事務所開きに、社民党広島県連合から檀上正光代表が激励の挨拶を行いました。
(社民党としての推薦決定は6月9日の社民党本部での会議で決定予定)


    事務所開きの最後はみんなでがんばろー!







バナースペース

社民党広島県連合

〒730-0017
広島市中区鉄砲町4-7-202

TEL 082-221-2768
FAX 082-223-2027