本文へスキップ

格差のない平和な社会を目指して!

TEL. 082-221-2768

〒730-0017 広島市中区鉄砲町4-7-202

格差のない平和な社会を目指して

ようこそ、社民党広島県連合のホームページへ

TOPICS



社民党本部が2016参院選の特設サイトを開設しました!


詳細は上の画像をクリックしてください!



                                          2016年6月22日

              第24回参議院議員選挙の公示にあたって(声明)

                                            社会民主党

 本日、第24回参議院選挙が公示され、18日間の闘いがいよいよスタートしました。今回の選挙は、安倍政権のもとでないがしろにされ破壊されてきた民主主義・立憲主義・平和主義を国民の手に取り戻す選挙です。社民党は、「アベ暴走の政治を止める」をスローガンに掲げ、全力で闘います。

 安倍政権下の3年半で、国民の「いのちと暮らし」が脅かされ続けています。消費税増税による家計への圧迫、医療や介護などは負担増の反面でサービスの削減が進められています。また、労働法制改悪によって低賃金・不安定雇用が拡大し、労働環境の質は劣化しています。1%の大企業や富裕層を優遇するために、99%の国民の暮らしを切り捨てることでしか成長を達成できないのが「アベノミクス」の本質です。社会保障の切り捨て、沖縄県民の民意を無視した辺野古新基地建設の強行、農林水産業と地方を壊すTPPの推進や原発再稼働など、国民にしわ寄せを押し付け民意に背を向ける強権政治をここで止めなければなりません。

 昨年9月には、「戦争法」の成立が強行されました。日米同盟の名の下で、アメリカの戦争に従わざるを得ない「戦争下請け国家」への道が進められています。戦後70年間、日本は平和憲法の下で「戦争しない国」を貫き、戦争によって誰のいのちも奪い奪われることのない歴史をつないできました。憲法9条は、世界の人々から信頼され、繁栄の礎となってきました。憲法違反の「戦争法」を廃止に追い込み、平和憲法を次世代にもつないでいくことが、真の護憲政党としての社民党の使命です。

 そして、「憲法」こそが参院選の最大の争点です。安倍首相は在任中の改憲をめざし、改憲勢力3分の2の議席獲得を狙っています。「自民党改憲草案」では自衛隊を「国防軍」に改め、「戦争できる国」づくりを強化するとともに、「公益及び公の秩序」のために国民の諸権利を奪うなど、立憲主義を転換し、国民より国家を優先する「国家主義」が強調されています。特定秘密保護法、集団的自衛権の行使容認、戦争法に続き、戦時体制国家づくりの総仕上げとなる憲法改悪を絶対に阻止しなければなりません。

 今回の選挙は、安倍政権の暴走政治に危機感を募らせた多くの市民の声を実現させる選挙です。そのためには、社民党が「要石」となり実現させた4野党共闘による統一候補の全員当選をめざします。そしてなにより、社民党が議席増を勝ち取り飛躍しなければなりません。社民党は、国家のために国民が義務を果たす社会ではなく、国民が主役の社会、日本国憲法の理念が職場や生活・地域社会の隅々まで行きわたる社会の実現をめざして全力で闘います。
 そして、18歳選挙権が実現してはじめての国政選挙でもあります。世界で若者中心のリベラルの動きが広がっています。社民党は若い皆さんと一緒に希望の未来を創ります。
公示日にあたり、社民党へのご支持・ご支援を皆様に訴えます。

                                            以上



 ≪19日行動≫ 広島 福屋前で戦争法廃止署名活動!  (2016/06/19)

 6月19日(日)14:00~15:00の1時間、広島市内中心部の八丁堀福屋前で「19日行動」を取組みました。
 行動参加者は40名で短時間の間に70人の方々から賛同署名をいただきました。


   戦争法廃止を呼びかける秋葉前広島市長

       戦争法廃止はみんなの願い!

    足を止めて戦争法廃止の署名をする市民





 福島みずほ東海道・山陽新幹線ずんずん街宣  (2016/06/10)

 6月10日(金)社民党参議院議員の福島みずほさんが、「東海道・山陽新幹線ずんずん街宣」として広島県では福山市と広島市で街宣を行いました。
 16時15分に福山で下車し、福山駅の待ち合わせ場所として誰もが知る釣り人像の前で演説した後、新幹線で広島に移動しましたが、その後も支持者らによる活発なリレートークが行われました。

     福山駅前で街宣する福島みずほさん

 続いて広島に移動した福島みずほさんは18時15分から、広島本通りの洋服の青山前で街頭演説。
 社民党広島県連合からは、檀上正光代表(尾道市議会議員)、山内正晃(広島市議会議員)、福山権二(庄原市議会議員)も一緒に支持をお願いしました。
 また、福島みずほを国会に送ろう広島応援団長の木原省治さんも応援に駆けつけました。

 多くの方が立ち止り福島さんの話に耳を傾け、うなずき、訴えに賛同していました。
 近所のある店長さんから「多くの演説を聞くが、久しぶりに雑音のない誰もがわかるようないい話をきいた。」と、声をかけていただきました。

 7月の参議院選挙では、18歳から投票できます。なんとしても社民党の全員の当選を勝ち取らねばなりません。
 みなさんのご支援とご支持をお願いします。





 連合府中講演会「いま福島原発はどうなっているの?」  (2016/06/10)

 連合府中講演会が6月10日(金)午後6時から府中市文化センターで「いま福島原発はどうなっているの?」というテーマで、大阪府立大学名誉教授の長沢啓行さんのお話を聞き福島の現在の状況について学びました。
 (参加者:150人)

 具体的には「放射線の空間線量は最初の5年間で半減しているが、残ったセシウム137の半減期が30年と長いため、これまでの5年間のようには減少しない。また半減したといっても避難指示区域で事故後5年後も1.0μ㏜(マイクロシーベルト)/H以上のところが40%以上残っている。そんな中での避難指示解除方針には疑問が残る。
 また、大量の汚染対策で凍土壁工事がおこなわれているが、一部不凍結箇所があり、成功していない。工事を請け負っている鹿島建設は、3月末の段階で、約2200人が工事に従事し、平均被ばく線量は15.3μ㏜であったと公表したが、労働者に過酷な被ばく労働をしいている。
 東京電力による損害賠償額は6兆4千億円に上昇し、事故処理・汚染水対策は国の直接責任で対策を講じる必要がある。」などと、とても分かりやすい内容でした。
 事故をおこした東京電力の救済ありきの対策を変更して、東電の破産処理をきちんとした上で、国の責任ですべての事故処理をすべきだとこの講演を聞いてあらためて感じました。
 報告:水田豊

   福島原発の今を分かりやすく話す長沢啓行先生

≪番外編≫
 講師の長沢先生は、府中市で社民党の市会議員が二人いることに少し驚かれていました。
 「社民党の国会議員しか原発の問題を言ってくれない」、「福島瑞穂さんに言ってもらっている」と言われ「参議院選挙で社民党の議員がいなくなったら・・・」と心配されていたことが印象に残りました。
 報告:小川敏男





 【お知らせ】

 
連合府中講演会「いま福島原発はどうなっているの?」
  (2016/06/10)

 来る6月10日(金)18時から、連合府中地域協議会の主催で連合府中講演会が開かれます。
 講師に大阪府立大学名誉教授(福島原発相談センター)の長沢啓行さんをお迎えし、『いま福島第一原発で何がおこっているか -原発労働者の作業実態-』と題して講演していただきます。
 今、原発の中はどうなっているのか、また1日7000人が働く労働者の実態について詳しく話していただきます。
 参加費は無料ですので、多くの皆さんの参加をお願いいたします。

    日時:2016年6月10日(金)18時〜19時30分
    場所:府中市文化センタ 4F中ホール
    主催:連合府中地域協議会





 戦争法廃止!安倍内閣退陣! 6.5ヒロシマ集会
  (2016/06/05)

 「戦争法廃止!安倍内閣退陣! 6.5ヒロシマ集会」が、6月5日(日)午後2時から、戦争をさせない1000人広島委員会の主催で「全国総がかり大行動」に呼応して原爆ドーム前で開かれ、約1000名が参加しました。

    原爆ドーム前に集まった多くの市民
 開会冒頭、1000人委員会共同代表で、広島弁護士会の山田延廣弁護士が、立憲主義を無視し、平和憲法を壊す安倍内閣に対峙し、安保関連法廃止、参院選勝利を期して闘う決意の挨拶があり、続いて民進党、共産党、社民党、新社会党、生活の党の各代表が連帯と参院選勝利のためともに闘う決意を表明しました。

        主催者と並ぶ各野党の代表
 社民党広島県連合からは檀上代表が力強く、連帯と参院選勝利の決意表明を行いました。

 力強く連帯のあいさつをする檀上社民党広島県連合代表
 続いて連合、平和運動センターなど労働組合をはじめ市民団体、個人などが強権政治を進める安倍内閣退陣!戦争法廃止!を訴えました。
 とりわけ、広島ママの会からは「ママ、どうして戦争法反対!と言って頑張らなかったの!」と言われないため、子供の未来を平和で引き継ぐため、動物園から子供連れで駆けつけました」と語り、頑張る決意の表明がありました。

  広島ママの会の平和への素直な言葉が響く!
 その後、午後3時から原爆ドーム前から電車通りを東進し、金座街商店街、本通りアーケードをデモ行進し、当日は「とうかさん」の最後の日でもありゆかた姿の買い物客や大勢の人に「参院選に投票し、政治を変えよう」とアピールしながら、平和公園の折り鶴の像前で流れ解散しました。

        デモ行進に出発!

     女性の願いをこめてデモ行進

 アーケード街をとうかさんの浴衣姿の人にも訴えて行進

      デモ行進を終えて流れ解散




 【お知らせ】

 
戦争法廃止!安倍内閣退陣! 6.5ヒロシマ集会
  (2016/06/05)

 2015年9月19日。安倍政権は「戦争法」を強行採決。
 立憲主義、民主主義、平和主義を踏みにじる暴挙に対して、これまでの活動範囲やそれぞれの立場やいきさつを超えて、全国津々浦々、もちろんヒロシマでも多くの人びとがつどい、反対の声をあげました。
「安倍政権に私たちの未来を任すことはできない」
「明日の日本は私たちが決める」
 6月5日は全国総がかり大行動として、国会前、そして広島では原爆ドーム前で全国の仲間とともに声をあげようではありませんか。

  【 開催要項 】
  ①集会名  「明日を決めるのは私たち―政治を変えよう!6・5ヒロシマ集会」
  ②主 催  ストップ!戦争法ヒロシマ実行委員会
  ③日 時  6月5日(日)14:00~16:00
  ④場 所  原爆ドーム前
  ⑤内 容  14:00~15:00 集会
        15:00~16:00 デモ行進





                                          2016年6月1日

              消費税増税再延期の表明について(談話)

                                      社会民主党幹事長 又市征治

1.安倍晋三首相は、国会閉幕に当たっての本日の記者会見で、来年4月に予定している消費税増税を2019年10月まで再延期すると正式に表明した。2014年11月に消費税増税を延期することを決定した際、「18か月延期して再び延期することはない」と断言するとともに、「3年間、三本の矢をさらに進めることにより必ずや経済状況を作り出す」と明言し、15年の法改正では景気弾力条項を削除した。しかし会見では、アベノミクスは順調に結果を出していると言いながら、なぜ増税を再延期するのか、なぜ2年半延期するのか、どうやって財政健全化目標を達成するのか、納得できる説明はなかった。また、約束してきた社会保障の充実をすべてできないと開き直り、再延期に伴う責任ある代替財源の確保も示されなかった。「再び延期することはない」との発言を実現できなかったし、約束してきた社会保障の充実ができないのであれば、自らの政治責任を認めて総辞職するのが筋である。

2.また、アベノミクスの3本の矢が放たれて3年以上が経ったが、物価上昇目標も達成できないまま、GDPの6割を占める個人消費は、「うるう年」効果を除けば事実上7か月連続でマイナスとなった。実質賃金も5年連続でマイナスとなるなど、庶民の生活は苦しくなっており、景気回復の実感はない。アベノミクスによっても、消費税を引き上げる環境を作れなかったことも事実であり、経済失政の責任を認めるべきである。

3.安倍首相は、「リーマン・ショックや東日本大震災級の事態が発生しない限り再延期しない」とも繰り返してきた。5月23日の月例経済報告で、世界の景気動向について「緩やかな回復が続くことが期待される」としながら、伊勢志摩サミットでは、再延期を正当化しようとばかりに、世界経済の現状がリーマン・ショック前の状況に似ているとの認識を示した。本日の会見では、「リーマン級のことは起こっていない」としたが、いくら世耕官房副長官のミスリードだったと言いつくろっても、新興国の経済指標や資源価格の低下といった資料を示し、リーマン・ショックを引き合いに出したのは首相自身である。サミットの場を再延期の「言い訳の場」として利用したのであれば、G7の首脳に対し失礼である。再延期の理由を、中国はじめ世界経済の需要の低迷に責任転嫁しようというのは、厚顔無恥であり、いさぎよく失政を認めるべきである。

4.しかも国会での与野党の論議を避けようとばかりに、国会が閉幕したとたん、増税再延期を表明したのは、きわめて姑息な参議院選挙向けのパフォーマンスである。かりに再延期するというのであれば、会期を延長してでも増税再延期の法改正に取り組むとともに、明確な代替財源の確保策を示すべきである。「税制は民主主義」、「信なくば立たず」、「代表なくして課税なし」というのであれば、国の根幹である税制を道具のようにもてあそぶことは断じて許されない。

5.実質賃金が増えない中で、2年半後の「将来の増税」が見込まれていては、将来不安から消費が低迷することは明らかである。消費税率引き上げは、再延期ではなく中止すべきである。首相は、間近の参議院選挙を、アベノミクスを前に進めるか後戻りさせるかを問う選挙と位置づけるが、経済の牽引役としてアベノミクスをさらにふかしたり加速したりするというのではなく、アベノミクス自体の失政を認め、政策転換することが求められている。社民党は、参院選において、3年間の安倍政権への審判を突きつけ、「アベ政治の暴走」を断固として止める先頭に立って闘う決意である。

                                            以上




 広島と三原で社民党時局講演会開く  (2016/05/28)

 ≪広島会場≫
 5月28日(土)午前10時30分からワークピア広島で吉田忠智社民党党首が講演しました。

   党員、支持者を前に講演する吉田社民党党首
 吉田党首は昨日(27日)の米オバマ大統領の広島訪問に触れ、「もっと資料館の見学に時間を取ってほしかった。被爆者と立ち話ではなくきちんと語り合える時間をもってほしかった」と述べました。
 今度の参議院選挙では、安倍の強権政治を許さないためにも野党4党がしっかり共闘してがんばらなければならないと力強く訴えました。

       厳しい表情で今の時局を語る
 来賓として参加された、福島みずほを国会に送ろう広島応援団団長の木原省治ともがっちり握手。

       吉田党首と握手する木原さん
 また、参議院広島選挙区に立候補予定の民進党の柳田稔氏もかけつけ、共に闘う決意をのべました。

     連帯のあいさつをする柳田稔参議院議員


 ≪三原会場≫
 広島での講演を終えた吉田忠智社民党党首は、会場を三原に移して午後1時30分から時局講演会が開かれました。

    あいさつする檀上社民党広島県連合代表
 吉田忠智社民党党首は70名の党員、支持者を前に講演しました。

       現在の厳しい情勢を語る吉田党首
 福島みずほを国会に送ろう広島応援団の平木薫副応援団長は「社民党比例候補者予定の吉田忠智・福島みずほ両者はもちろん、社民党比例候補者全員の当選を目指しましょう!!」と、力強い応援をいただきました。 

       力強く応援する平木さん
 最後に全員で団結がんばろうでしめくくりました。




 やなぎだ稔後援会事務所開きに社民党激励
  (2016/05/28)

 5月28日(土)午前11時30分から広島市中区の上幟町公園で、民進党のやなぎだ稔後援会事務所開きがありました。

  激励のあいさつをする檀上社民党広島県連合代表
 安倍政権の強権政治にストップをかけるためにも野党共闘は重要であり、7月に予定されてる第24回参議院通常選挙広島県選挙区におけるやなぎだ稔参議院議員(現・3期)の後援会事務所開きに、社民党広島県連合から檀上正光代表が激励の挨拶を行いました。
(社民党としての推薦決定は6月9日の社民党本部での会議で決定予定)


    事務所開きの最後はみんなでがんばろー!













NEWS新着情報

2016年01月01日
アクセスカウンターを設置しました。
2014年10月01日
社民党広島県連合 ホームページを全面リニューアルしました。
2012年09月12日
社民党広島県連合 ホームページを部分リニューアルしました。


バナースペース

社民党広島県連合

〒730-0017
広島市中区鉄砲町4-7-202

TEL 082-221-2768
FAX 082-223-2027

since 2016/01/01

  

  

  


当面の予定


◆連合府中講演会
 いま福島原発はどうなっているの?

 時:2016/06/10 18:00~19:30
 所:府中市文化センタ 4F中ホール
 講師:長沢啓行さん
 参加費無料