脱原発情報

 発行 プルサーマルに反対する双葉住民会議

 発行責任者 石丸 小四郎           
          

 構成団体  
                   
 双葉地方平和フォーラム 双葉地方勤労者協議会
 社民党双葉支部協議会 双葉地方原発反対同盟


   
   
9月25日発行 No225  大井川知事反対意見 韓国海洋放出に懸念 海面水温史上最高 時限爆弾 世界各国の原発稼働 東電交渉再開55回 トリチウム等タンク貯蔵汚染水 不溶性放射性粒子 ウラン含む 細胞レベルの高吸収線量 大震災・原子力災害伝承館 東電資料館と変わらず コミュタン福島
8月25日発行 No224   双葉・大熊両町 経産省に要望書 「汚染水継続保管反対」世論動向に焦り 過酷事故から9年廃棄物施設は目の届かない所に 子どもの命を危険にさらす不溶性放射性微粒子(セシウムボール) 「子ども脱被ばく裁判」 滋賀県に自主避難9年目 青田さん自作の布絵と詩に込めた思いを・・・!
7月25日発行 No223   地球は水の惑星 汚染水海洋放出などとんでもない 9年前3号機水素爆発は核爆発だった トリチウム汚染水海洋放出反対再要請 「福島第一廃炉推進カンパニー」は東電の下部組織 社員が辞めている実態は?
6月25日発行 No222  海洋放出反対議決相次ぐ 震災関連震災関連死 福島は34人 民家から2人の遺体 甲状腺がん・疑いのある患者は241人 手術を受けた甲状腺がん患者195人に トリチウム汚染水の海 沿岸漁業壊滅 コロナウイルス感染防止 フクシマ原発労働者相談センター
5月25日発行 No221    更田委員長「汚染水 再浄化必要なし」 第一原発崩壊の危険性 水素爆発 塩害 腐食 地下水 人間と環境への低レベル放射能の脅威 核燃サイクル破綻 適合 桜島爆発噴火 日本列島地震相次ぐ
4月25日発行 No220    コロナウイルス渦中 トリチウム意見を聞く会 第一原発 汚染水問題 日本・千島海溝 巨大津波30b 内閣府想定 トリチウムの海洋投棄 東電交渉再開後53回 トリチウム2069兆ベクレル 
3月25日発行 No219   東日本大震災9年目 40bの津波が生まれた現象は 海洋投棄反対は変らない 福島県漁連会長 野崎哲さん 山下俊一氏 言葉足らずの講演 水の惑星をトリチウムで汚すな 海洋投棄に反対する決議 過労死は決して許さない
2月25日発行 No218
 アルプス汚染水 トリチウム以外の放射性核種 カイゼン 過去の自殺 東電社員 小児甲状腺がん 県民健康調査の暗い闇 伊方原発を稼働させるな ジャパンライフ 狙われた 東北の被災地 災害弔慰金 保証金
1月25日発行 No217  南海トラフ巨大地震 スロースリップ 第51回東電交渉 排気筒切断人力に カイゼンで人員削減 ピーク時の半分 現場悲鳴 廃墟となった町に常磐線が通る
2020年   
12月25日発行 No216   Jヴィレッジ高線量 聖火リレー出発点 遠隔操作バス トヨタのカイゼン 汚染水放出3案に あらかぶ裁判 いわきオール・東京電力・宇徳抗議集会 大熊町新庁舎 閉校になった山木屋一貫校 ふりむくひまがあったらまええにすすめ
11月25日発行 No215   アルプス処理済み汚染水 汚染水5600トン増加 トリチウム汚染水 水の惑星地球 被曝基準 ICRP2019 データ隠しの宮崎・早野論文 福井県庁 関西電力
追悼・高須裕彦さん 
10月20日発行 No214   台風19号死者80名 建屋流入量はゼロのやくそくは 原子炉建屋流入量 アルプス処理水問題は事実上破綻 長期陸上保管 トリチウム防護服 福島県議会宿舎受け渡し訴訟議案可決 99%体内に取り込まれるトリチウム あぶさん裁判 内堀知事海外出張総額4,000万円
9月20日発行 No213  東電3経営陣裁判 津波予見できず 全員無罪 トリチウム汚染水 長期保管 東電交渉 排気筒解体 死せる水トリチウム 韓国の発言 トリチウム年間排出量 甲状腺がん支援グループが知事に要望書 震災関連死2278人 年間32人犠牲
クロソイからストロンチウム90 
8月20日発行 No212   過酷事故は終わっていない 水素爆発 窒素注入30分止まる 破綻しつつあるアルプス処理水 トリチウムは遺伝子を壊す危険な物質 原発事故後の公衆の防護基準を10mSvに緩和へ ICRP勧告 東電第二原発廃炉 原発避難者2倍家賃請求通知撤回申し入れ
7月20日発行 No211

P5に誤りがあり修正しました7/25
 排気筒の解体工事 原発避難者 固定資産税の減額終了 甲状腺本格検査(2巡目)結果報告 第35回県民健康調査検討委員会 カイゼン問題で追及 2000台のダンプトラックが汚染土を運び込む町 あらかぶ裁判 東電刑事裁判動かぬ証拠
6月20日発行 No210   安倍首相スーツ姿で第1原発を視察 カイゼン一人歩き 一律コスト削減10分の1 甲状腺がんと放射線被ばく関連なしと公表 だまし討ちの最終処分は許さない
モニタリングポスト住民の力で”当面存続”に トリチウム処分40人から慎重意見
5月20日発行 No209   使用済み燃料搬出始まる 震災関連死2,273名 被ばく医療の司令塔「高度被ばく医療センター」発足 初代センター長に山下俊一氏 だまし討ちの最終処分は許さない 47回東電交渉 過労死・労働環境など追求 過労死の責任を追及する会
4月20日発行 No208  デブリは原子炉の中に 富岡町「期間困難区域」直近の小浜地区は高い線量 東電判決 勝又ら有罪の可能性は 福島第一3号機核燃料搬出開始 使用済み核燃料が原発を止める 被告のいわきオール・宇徳・東電の不誠実さ際立つ 
3月20日発行 No207    3.11東日本大震災から8年 東北沖M7級90%の確率 30年後の持ち出しの約束を反故に 除染土再利用計画 深刻な可能性ニコニコ発言 37回東電旧経営陣
第一原発収束 労働環境改善 46回東電交渉 自主避難 原発事故避難者把握
2月20日発行 No206   デブリに接触 双葉町の避難 上羽鳥モニタリングポスト 11歳少女100_シーベルト 除染土再利用 常磐道4車線化 谷中村 渡良瀬遊水地 東電旧経営陣
1月20日発行 No205   第35回公判 東電強制起訴禁錮刑5年求刑 混迷深める福島県の甲状腺問題
「中間貯蔵施設」第一原発 初の過労死労働災害 東電の態度を追及 震災関連死 福島県は2,250人に 防潮堤、高さ11bを建設
---2019年---   
12月20日発行 No204  第34回東電旧経営陣公判 医療給付の233人全員が甲状腺がん患者 甲状腺サポート事業支援対象を拡大 第一原発40年間の軌跡を辿る 中間貯蔵施設を見て 町全体が放射性廃棄物置き場 あらかぶ裁判 収束作業従事者甲状腺がん労災認定
11月17日発行 No203  甲状腺評価部会で4地域差が明らかに 発症率20〜50倍 放射線量が高い地域への子ども女性の帰還はやめよ 国連人権理事会勧告 第一原発40年の軌跡
武黒副社長・勝俣会長すべて否定 第一原発で過労死認定 ※前号の訂正版を掲載しました
10月20日発行 No202   南相馬市立総合病院 白血病10.8倍に増加 東電旧経営陣裁判 武藤栄 高性能ALPS 原子炉基礎版 第一原発40年の軌跡 甲状腺住民監査請求却下 
※ 1ページの文章に間違いがあり11月20日に203号で訂正し差し替えました。
9月15日発行 No201   北海道地震 東電旧経営陣第24回公判 第一原発40年間の軌跡 トリチウム海洋投棄 甲状腺検査住民監査請求 あらかぶ裁判 肺がん被爆原因
8月17日発行 No200   200号記念集会 第一原発40年間の軌跡 岩本忠夫 甲状腺評価部会 集計漏れ11名 東電旧経営陣裁判 原発誘致 木村知事 佐藤栄佐久知事 
7月15日発行 No199   原発反対同盟結成46周年 約20億ベクレル/日、外洋に漏れ 黒鯛からストロンチウム 15km沖から放射性物質 陸側遮水壁 防潮堤の建設 東電旧経営陣
6月20日発行 No198  福島第二原発廃炉 東電旧経営陣裁判 大津波予測 デブリの実態 IRID 愛犬ポチの骨からストロンチウム90検出 ヨウ素 小児甲状腺 トリチウム海洋放出
5月17日発行 No197   第11回東電旧経営陣公判 107万?の汚染水 陸側凍土壁 日本学術会議報告の検討 不正蓄財のほとんどを役員報酬に 東電交渉 トリチウム汚染水
4月17日発行 No196   東電旧経営陣公判 日本学術会議報告 モニタリングポスト2400台撤去 三春町 ヨウ素剤回収しろ あらかぶ裁判 原子炉の停止は考えられなかった
3月15日発行 No195   東電子会社社員証言 津波想定 小児甲状腺がん 日本学術会議 県民健康調査 甲状腺がんの不都合な真実 期間困難地域の線量 汚染水増加 廃炉措置
2月15日発行 No194   東電3経営陣第2回公判 甲状腺がん 過剰診断 学校検診見直し 県民健康調査の経過と問題点 原発事故の検証 ロードマップ 放射性廃棄物の山 
1月15日発行 No193  福島第一原発の検証 県民健康調査 国際がん研究機関 これでいいのか放射能教育 福島県環境創造センター視察 コミタン福島 あらかぶ裁判 東電交渉
---2018年---  
12月15日発行 No192  伊方原発差し止め命令 福島県は世界最大の実験場 山下俊一 避難区域甲状腺がん他地域より上回る 雨水対策難航 放射能汚染水発生量 白血病労災認定
11月15日発行 No191  福島原発事故刑事裁判の争点 ちゃぶ台返し 防潮堤 国道114号線 県民健康調査 小児甲状腺がん検査結果 人権侵害勧告 東電交渉 陸側遮水壁
10月15日発行 No190  生業訴訟 原発推進安倍自公政権の退場を 国道114号線空間線量率を測る
県民健康調査の経過問題点 ALPS 高濃度汚泥 高濃度汚染水 排気筒解体
9月15日発行 No189  トモダチ作戦 米兵医療基金 甲状腺がん検査機関 県民健康調査委員会 歪められたチェルノヴイリデータ トリチウム汚染水放出 柏崎刈羽原発条件付き容認
8月15日発行 No188  田中規制委員長「一番障害になっているのが福島県民」 県民健康調査 甲状腺がん IARC あらかぶ裁判 トリチウム水海洋放出 80万トンのトリチウム水
7月15日発行 No187     東電元会長無罪主張 放射能急上昇 県民健康調査 森林の放射能 不溶性放射性粒子 セシウムボール 更田委員長代理 「嘘だもんコレ」と激怒
6月15日発行 No186    原発事故東電元役員3名の初公判 浪江町山林火災 甲状腺がん 第3者機関見送り IARC  34回東電交渉 陸側遮水壁 
5月15日発行 No185  帰還困難区域で山火事 福島第一原発被ばく労災(あらかぶさん裁判) 山林火災はフィルターのない焼却炉 津波対策をやらないと決めたのは武藤副社長
4月15日発行 No184    1.2号機排気筒に新たな破断 デブリ解明できずロボット調査 原発のない福島を県民大集会 甲状腺ガン 経過観察中の患者2525人を除外 隠蔽か!事故時4歳の甲状腺ガン
3月10日発行 No183   デブリ取り出し 東電交渉32回目 トリチウム汚染水と放射性同位元素トリチウム
甲状腺ガン疑い含め184名に 原発労働者相談センター 免震重要棟
月06日発行 No182  福島第一2号機530sV/h トリチウム汚染水 第二廃炉 原発訴訟団 甲状腺ガン 白血病は放射線被曝が原因 原発耐震基準 繰り返し地震
1月07日発行 No181    汚染水対策 陸側遮水壁 使用済み燃料と核燃料塊デブリ冷却不能 東電社員甲状腺ガンで労災認定 トリチウム汚染水 福島環境創造センター
---2017年---  
12月01日発行 No180   第2原発・核燃料プール冷却停止 オーストラリアプレートと太平洋プレートの関連性 陸側凍土遮水壁 放射線被曝による甲状腺ガン 白血病労災認定
11月01日発行 No179  事故処理費22.1兆円 新潟県知事選挙 放射線被曝による小児甲状腺ガン 川上義孝 原木シイタケ 岩下潔 帰還政策 東電福島第一原発の現状
9月27日発行 No178   溜まり続ける汚染水 県民健康調査検討委員会 甲状腺検査縮小見直し ヨウ素剤配布その後三春町 白血病労災認定 危険手当支払い ターンキー方式
8月27日発行 No177    プルサーマル実施の伊方原発再稼働 福島県沖でアウターライズ地震・津波 甲状腺ガン家族の会県へ要望書 白血病労災認定事故後2人目 凍土遮水壁

7月27日発行 No176 
 「炉心溶融隠蔽」「遮水壁凍結は困難」極めつけは「石棺」 除染労働者の特殊勤務手当を巡る問題と課題 危険手当 1,2号機排気筒 地下高濃度汚染水対策 
6月25日発行 No175  311甲状腺ガン家族の会 炉心溶融隠蔽 凍土遮水壁 太陽工業賃金未払い
5月25日発行 No174   熊本地震 川内原発即時停止 蝕まれる福島の自然 トリチウム汚染水
3月29日発行 No173  甲状腺がん家族の会設立 炉心溶融マニュアルの隠蔽
2月29日発行 No172  新たに51人甲状腺ガン 原発1、2号基排気塔が倒壊の危機
 1月30日発行 No171  被曝低減対策 汚染水 放射性ガレキ飛散事故 最終処分場 避難者帰還
---2016年---   
10月29日発行 No170   1号機カバー撤去 偽装健康診断書 危険手当 ピンハネ 甲状腺ガン 
9月28日発行 No169 吉田調書 政府事故調 東電交渉 放射性大気中浮遊じん サブドレン 御嶽山 放射性物質放出量 火山噴火
8月29日発行 No168  
挨拶文
東電元会長ら「起訴相当」 がれき撤去計画実施するな
7月28日発行 No167 南相馬の米からセシウム 第一原発がれき撤去の粉塵
6月24日発行 No166 県内の原発全基廃炉 甲状腺 「過剰診断」批判
5月30日発行 No165
大飯原発運転差し止め 地下水バイパス 甲状腺がん
2月26日発行 No161 甲状腺がん増加 フィルターベント 湖沼・水源地放射能
1月23日発行 No160 汚染水対策 第二原発再稼働 危険手当ピンはね
---2014年---
12月28日発行 No159 4号プール核燃料輸送 第一原発プール 
11月29日発行 No158 甲状腺がん 福島の子! 疑い含め58人 
8月26日発行 No155 甲状腺ガン確定と疑い43人に
検討委は原発事故との関連をまたもや否定!
7月24日発行 No154 ヨウ素131の初期被曝分布が判明!
東電の犯罪 津波最大15.7mを試算
6月24日発行 No153 甲状腺ガン12人 疑い15人
検討委は原発事故との関連を否定!
5月28日発行 No152 1号機建屋カバー解体 理由は何だ!
2億4千万ベクレル/日 大気放出さらに増える
---2013年---
9月27日発行 No146 巨額かけ補修維持の本音は?
8月28日発行 No145 福島県の原発関連死 761人
7月28日発行 No144 17万人怒りの大結集!
6月26日発行 No143 大飯原発再稼働に厳重抗議
5月29日発行 No142 避難長期化 昨日もまた自殺者
 4月26日発行 No141 深刻さ増す福島原発の現状!
 3月27日発行 No140 原発いらない! 3・11福島県民集会に1万6千人
 2月26日発行 No139 国の「18歳以下医療費無償化」支援見送りに強く抗議!
 1月28日発行 No138   ”事故収束” とんでもない話   (PDF になりました)
---2012年---
12月28日発行 No137   政府「事故調査・検証委員会報告書」出る
11月28日発行 No136   プルサーマル実施の大罪を知れ
10月28日発行 No135
  原発敷地外でもプルトニウム検出
9月28日発行 No134
  ”さようなら原発集会”に6万人結集
8月28日発行 No133   学校の20_シーベルト被曝は認めていない
7月28日発行 No132   子供、妊婦、若い世代をどう守る
6月27日発行 No131   放射線基準20ミリシーベルト撤廃迫る
5月27日発行 No130   土壌セシウム汚染チェルノブイリに匹敵
4月27日発行 No129   国際評価レベル7 !しかし民意は・・・